2020年コロナで世界はどうなる?200年に一度の激変期はヤバい?どんな運勢なのか予測や予言をまとめてみた!

2020年は新型コロナウィルスが猛威を振るい、世界を巻き込んだ歴史的にも残る感染症が現在も拡大中です。

誰もが、ここまでひどくなるとは思ってもみなかったことだと思います。

経済が停滞しリストラや減給、学校が休校になり外には出れず家で待機するなんて、今世界では大変なことが起きている渦中にいる私たち。

毎日、コロナの情報ばかりが流れ、今後どうなっていくのか、どうやったら感染しないようにするのかなど、不安に思って毎日を過ごしているかと思います。

そんな私もその中の1人なのですが、

2020年はどのような運命の年だったのか?

今後の世界(日本)はどうなるんだろう?

など興味を持ったので、少しでも明るい未来があるのかなど調べてまとめてみました!

スポンサーリンク

2020年はどんな年なのか?

占い師ではないので細かいことは省略しますが、

2020年というのは土星と冥王星が山羊座に集まり、この3大惑星が接近する「トリプル・コンジャクション」といわれる非常にまれな年

200年に1度の一度の大きな運気の切り替わりがあります。

なのだそうです。

とにかく占い界では、

2020年は「大きな時代の変化」と出ているようです。

予想されていたのは、社会のありかたそのものが、徹底的かつ強制的にまるごと変わっていくほどの大きな出来事がおこるかもしれません。

占い師 ぺこぷん

国家、秩序、権威の世界から、自由、平等、友愛の世界へ。社会全体が大きく変わる節目になりそうです。

占い師 水晶玉子

社会の根本が大きく変化する、社会の基幹部分が変動するイメージです。2021年以降、社会はもっと風通しの良い、自由な時代へと移行していきそうですが、どうしてもその前に今の社会の歪みが大きくなり、不安に駆られた人が過去の「伝統」へと回帰しようとする反動が見られる気配も。

占い師 鏡リュウジ

2020年から2021年の間に、権力者や大きい企業が「ガタってくる」

占い師 ゲッターズ飯田

と有名な占い師の方々が口をそろえて「秩序を大きく一度破壊される」というようなことを言われています。

スポンサーリンク

オリンピックはどう予言されていた?

2020年3月24日に東京オリンピックの延期が発表されました。

新型コロナウィルスが発生する前から、オリンピックのことで色々言われていましたが、ここに来てよくいわれていなかった理由はコロナの影響だったということなのでしょうか。

2020年は、オリンピックイヤーだけに経済効果はめざましいことが期待できそうな1年かも。。。
しかし、オリンピック開催直前に大混乱が起こる可能性が。
災害も起きやすい年。起きたらド派手になりそう。
占い師 サトリーヌF
オリンピックというのは基本的に神事ですので、それはなんとかなるんじゃないかと。ちょっとしたつっかかり、あるいは小さなテロじみたこと、たとえば爆弾をちょっと仕掛けて、でもすぐに見つかってしまうとか、そんなようなことはあるんじゃないかと思いますが、オリンピックそのものはなんとかうまくいきますという感じがいたします。
魔女のヘイズ中村
何らかの自然災害が日本を襲い、オリンピック開催に影響を及ぼす。だがオリンピックが中止になることはない。
イギリスの預言者クレイグ・ハミルトン・パーカー

「東京でオリンピックは開催されるか?」という質問に間髪入れず「ない」と返答

「私の心の中にある不安と申しますか、胸が詰まったこの気持ちが治まるように思っていただきたいのです」

占い師 松原照子(2013年の予言)

スピリチュアルの世界では、オリンピック開催は何か問題が起こる、大変だと言われている人が多かったとのことです。

スポンサーリンク

コロナウィルスは予言していたのか?

占い師や予言者はこの感染症を予言していたのでしょうか?

刘伯温の碑文には、「旧暦の2019年10月から、悲惨な疫病が湖北省と広東省から拡散し、1万人の貧困層のうち1千人、1万人の富裕層のうち2、3人しか残らない。疫病は旧暦の2020年7月13日ピークに至る」
中国 劉伯温(りゅう・はくおん)1311年 – 1375年 中国元末明初の軍人・政治家・詩人・軍師

約640年前の予言は、当時、明の皇帝 朱元璋が将来をも占わせ、劉基はそれに対して暗喩に満ちた詩で占った結果を述べたとされています。

未知のウイルスが人から人へと感染しパンデミックが宣言される

ウイルスが中国から広がり始めること

パンデミックが宣言されて世界中を震撼させる

占い師 松原照子(2019年2月時点の予言)

松原照子さんは、東京オリンピック以外にもコロナウィルスや東日本大震災の予言もされていて全て的中されきた方なのだそうです。

流行病が心配。いきなりこんなところでアウトブレイクとか、あるいは学級閉鎖がバタバタとか、それで日本の人口が減るということではないでしょうけれど、かなりの問題になるかなと。

逃れられるところのカードは「常識を持って目の前の作業をこなしていきましょう」というカードですので、非常に地道でつまらないかもしれませんけれども、逆に地道でつまらないことを馬鹿にしていると大変なことになる。

魔女のヘイズ中村

2020年ごろ、重い肺炎のような疾病が世界中に拡散し、肺と気管支を攻撃し、既知の治療法全てに対して耐性を持つ」「疾病そのものよりもさらに不可解なことに、それは到来した時と同じように突如として消え去り、10年後に再び攻撃し、そして完全に消滅する」

アメリカ最強予言者 シルビア・ブラウン(~2013)

シルビアさんが亡くなり忘れ去られていた予言書が、今再び新型コロナウイルスのパンデミックを受け、予言本「End of Days: Predictions and Prophecies About the End of the World」が米アマゾンのランキングではノンフィクション部門で2位に浮上したそうです。

今後はどうなる?

新型コロナの影響は世界各国で相当な打撃です。

 

海外では、コロナのせいで失業した人々が大勢いて、日本でもリストラや倒産で生活するにも大変になってくるということが、いつ自分にも降り掛かってくるかわかりません。

 

そんな不安の中、未来はどのような変化がこれから起こるのでしょうか?

 

2020年は、「当たり前だと思っていたけれど、今の時代には合わなくなってきた」というようなことに変化が起こりそう。たとえば、支払いのキャッシュレス化や交通機関の計画運休、スカイプ会議やテレワークといった働き方の多様化……など、その兆しを感じる場面も増えてきました。

デジタルの分野においては、これから画期的なシステムも実現する見込み。文化や流行においても、新しいものが生まれるのはもちろん、古いものもよみがえり、これまでにない価値観が浸透することになるでしょう。

占い師 水晶玉子

2020年から価値観が大きく変わる運気になってくる。フランス革命が起きるぐらいのガラっと変わる。まあ、価値観が変わる運気が始まるんですけども、2020年から変わり始める。

国がなくなるとか病院がなくなるとか、大きいシステムがだんだん無くなってくるような流れになるので。あと、お金に価値が無くなって、儚いものに価値がだんだん出てくる。

占い師 ゲッターズ飯田

この未曾有の混乱から世界を救うのは、アメリカかもしれない。

もともとアメリカには世界を落ち着かせる性質を持つ“太陰星”、娯楽や旅行を意味する“貧狼星”があるのですが、アメリカがワクチンや特効薬の開発に成功するのではないかと考えられます。

台湾占い師 悟明老師

 

スポンサーリンク

2020年コロナで世界はどうなる?200年に一度の激変期はヤバい?どんな運勢なのか予測や予言をまとめてみた! まとめ

2020年の占いの世界では、

「約200年に一度の大きな運気の切り替わり」

「180年に一度の金運のチャンス」

と言われていて、なかなかお目にかかれない運勢のようです。

 

そんな2020年ですが、年初めからコロナが蔓延しまさかここまで感染が拡がるとは誰も思いもしなかったのではないでしょうか。

 

これもコロナから始まり、全てが大きく変わるきっかけになるものだったのかもしれません。

 

あまりネガティブに考えず、新たにスタートするという気持ちでポジティブに変化を受け入れていきましょう。

 

とにかく早く、コロナが終息することを願うばかりです。

 

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする