カナダで家を探す  ~賃貸編~




カナダで家探し

40代半ばにして 一大決心をして

カナダに家族で移住しました。

カナダに来てから

引っ越し荷物が届くのに 約2か月程かかるのと、

住む家を探すため

最初の2か月は Air bnb に滞在していました。

住む場所の絞り込み

住む場所を絞るのに

・ダンナの会社からさほど遠くない

・子どもの学校

・交通の便がいい場所

・洗濯機が部屋に付いている

を重点的に探しました。

子どもの学校探しは、

カナダに住んでいる知り合いになった

日本人の友達に聞いたり、

学校のランキングを見て探したり…

そして

治安のいい場所や

交通の便が良い場所を探したり…

何より、専業主婦になり

毎日家にずっといるのも きつい…

なので 極力 近所に出かける場所があり

利便性のいいところ(車もまだ買えず)と考えていました。

洗濯機が家に付いているというのは

割と新しく建てられたコンドミニアム(日本でいうマンション)には

洗濯機は各家に設置されていますが、

それ以外のコンドミニアムやアパートは

コインランドリー式(有料)が多く、

よく建物のベースメントや共有部分に設置されています。

今まで、家に洗濯機がある生活だったので、

わざわざ洗濯をするのに、外部に出てお金を払って

洗濯するというのは考えられず、

そこは主婦目線で 必ず部屋に設置してある

物件を探しました。

スポンサーリンク

物件は何で探したか…?

【物件情報サイト】

いくつか情報サイトで探した物件を直接見に行ったりしました。

必ずアポイント取っていかないと いけないのですが、

情報物件で見た写真とは イメージが違うことが多かったです。

【不動産会社】

最終的に頼ったのは 信頼できる不動産会社でした。

物件情報で気に入った物件を その不動産会社に伝えて

アポイントを取ってもらい、見に行ったり、

条件に合った物件を見つけてもらい 見学に行ったり。

そして、

物件情報サイトに出ている情報は

古い情報が残っていることがあり、

気に入った物件の見学依頼をお願いした中で

割と `もう その物件はないよ‘ と言われることが

多々ありました。

更新が遅いのか…(´Д`)

依頼している不動産会社が持っている物件以外にも

気になる物件があれば

他の不動産会社に取り次いでもらい

見学できました。

探した物件は数え切れず…

→次へ

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする