~カナダ~ いじめをなくそう!国際ピンクデー♡ 学校イベント




The International Day of Pink (国際ピンクデー)

こんにちは!チェスナッツです。

2018年4月11日は「国際ピンクデー」でしたね。

国際ピンクデーの3日ほど前に、子どもの学校から

『11日(水)は 国際ピンクデーなので、ピンクの洋服を着てくるようにして下さい。

ピンクがなければ、赤やオレンジでも大丈夫です!』

と 校長先生から連絡が入りました。

もう少し早めに連絡してくれると助かる…と

学校行事で準備しなくてはいけないものが多々あるので、

毎回 思うのですが…

今回は 幸いワンサイズ大き目のロングTシャツを来年用にと買っておいていたので

慌てて購入することなく済んだのですが…

スポンサーリンク

その『国際ピンクデー』とは何かと思い調べたのですが、

「いじめ反対」の意思表示であり、

「いじめ反対」のメッセージ発信となり、

「いじめ防止」の啓発にも繋がる。

という なんて素敵なアクションなんだと思いました!

そもそも 2007年にカナダのノバ・スコシア州の男子高校生が

ピンク色のポロシャツを着ていたというだけで、

上級生から「ホモ」などとからかわれ、暴力などのいじめを受けました。

それを知った2人の男子生徒が、ピンク色のシャツを50着ほど購入し、

クラスメートにシャツを着るようにメールで依頼しました。

翌朝学校に行ってみると、連絡をしなかった生徒にもメッセージが伝えられていて、

校内はピンクのシャツや小物を身に着けた生徒であふれていました。

それ以来、その生徒に対するいじめはなくなったそうです。

このステキな出来事が、

「非暴力的で とてもユニークな方法によりいじめをやめさせた」として

ニュースに流れ、カナダ中で大きな社会現象となりました。

そして、メディアを通してピンクシャツデーの運動は広がっていき、

今では個人だけでなく職場、会社単位での参加や著名人も毎年参加しているそうです。

カナダで最初にこの出来事があった日が、2月の最終水曜日だったので、

それ以降、2月の最終水曜日はピンクシャツデーになりました。

(今年は2月28日でした)

その日は、ピンク色のTシャツを着たり、ピンク色のアイテムを身につけて

いじめについて考え、いじめられている人と連帯する思いを学ぶ日になります。

スポンサーリンク

日本でも、ところどころでピンクシャツデーのイベントをしていたりしてますね。

カナダに来るまでは、ピンクシャツデー知らなくて、

もっと認知されるといいなと思いました!

なので、カナダでは毎年のイベントなので、

知っていて当たり前だったんですね。

我が家はカナダに移住してまだ1年目、

ピンクシャツデーを知る由もなく

学校も知ってて当然の3日前連絡だったのかな…

学校では、いじめについてしっかり学んだようですよ!(*^。^*)

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする