榎本麗美アナはリケジョでかわいいけど変人でヤバいもの好き

スポンサーリンク

以前、【有吉反省会】にアナウンサーの榎本麗美さんが出演されましたが、かわいいのに変人だと言われていましたね。

美人で、男女ともに好かれそうな雰囲気をお持ちの、本当に”かわいい”感じの方です。

そんな榎本麗美さんは、かわいいイメージからは想像つかないようなものがお好きなようでグロテスクな気味の悪いお菓子を作るのが特技で、虫系も好きなのだそうです。

そのギャップがまた榎本麗美さんの魅力でもあるのでしょうか。

そんな魅力ある榎本麗美さんを調べてみました!

スポンサーリンク

榎本麗美さんのwiki風プロフィール

引用:https://www.tbs-casting.com/

名前    榎本麗美 (えのもと れみ)

生年月日  1983年2月13日

出身地   千葉県船橋市

最終学歴  帝京大学理工学部バイオサイエンス学科

趣味    サバイバルゲーム、ゴルフ、防災、宇宙

特技    催眠術、ちょっと変わったお菓子作り、野球のスコア付け

出演番組

 

日テレNEWS24(CS)

榎本麗美さんの夢は、将来『人の命を救えるような薬を開発したい!』という思いがあり、高校時代に大学の薬学部を目指していたそうです。

しかし、失敗してしまい、理工学部バイオサイエンス学科へと進みます。

ですが、大学でも、

 

『人の命を救いたい!』

 

という夢を諦めきれず、がん細胞以外の正常細胞に影響を及ぼさない
『副作用の少ない抗がん剤』の研究をしている研究室に在籍をしていたそうです。

ですが、なぜかアナウンサーを目指し、

2005年、香川県高松市に所在する日本テレビ系の西日本放送に入社します。

入社当時はニュース読みが苦手で、なかなか読ませてもらえなかったそうです。

2年後の2007年9月30日に西日本放送を退社しフリーアナウンサーとして活動されます。

その後【日テレNEWS24】のオーディションでは特技のひとつである催眠術をアピールしたそうです。

そして、2013年6月からCSの【日テレNEWS24】のキャスターに就任され今に至ります。

スポンサーリンク

榎本麗美さん リケジョでかわいいけど…

引用:オフィシャルブログ

めがねをかけると榎本麗美さんは急に大人っぽくなりますね!

見方によっては、まさにリケジョ!っぽくも見え、どちらにしても、美人でかわいい!

すごく可愛いいので人気上昇中なのですが、現在、榎本麗美アナウンサーは30代後半となりましたが、奇跡の30代と言われているそうです。

確かにそれは納得です(^_-)

そんな榎本麗美さんは理系女子!

コーヒーを淹れるときは、↓こちらでドリップするそうです。

引用:http://www.news24.jp/

更には、ビーカー風カップで飲まれるのだそう…

宇宙が大好きな榎本麗美さん。

星空案内人(星空準ソムリエ)』の資格をとるほどなんです!

インスタでは宇宙に関することをたくさん載せていますが、一方でムシも大好きな榎本麗美さん。

ムシはムシでも海中にいる”オオグソクムシ”ですから!

それで虫好きすぎて、食しちゃいます!

確かに、コオロギなどは優れた食材と言われていますよね。

2020年に無印商品が『こおろぎせんべい』が販売され大人気になりなかなか手に入らなかった記憶が…

近年、世界的なタンパク質不足を救う存在として、注目を浴びているのがコオロギなどの昆虫食です。

しかも、良質なたんぱく質や栄養が含まれています。

あまり姿や形がわからないものがいい場合は、お菓子になっているものがいいかも。

変人でヤバイもの好き

趣味というよりは特技になっていますが、

 

『ちょっと変わったお菓子つくり』

 

というのが、かなり衝撃的!

それは、『キモイいお菓子つくり』なんです!!!

可愛いらしく清楚系に見える榎本麗美さんですが、目玉ゼリーやゾンビ指クッキーなどホラー系や幼虫をかたどったチョコなど、ちょっとびっくりするようなものを作られているのです。

なかなかクオリティが高いので手先が器用で、作ることが好きでないとここまで作れませんので、これはスゴイとしか言いようがないですが、ある意味センスありますよね!

スポンサーリンク

榎本麗美アナはリケジョでかわいいけど変人でヤバいもの好き  まとめ

かわいい榎本麗美さんからは想像がつかないヤバいもの好きなところが、また興味をそそりますね。

でも、そのギャップがまたかわいさを倍増させている?

何歳になっても好きなものを追いかけている姿は、またかわいいですし30代後半とも思えない美貌で、ますますファンになりました!

これからも応援していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました