原口未緒弁護士 弁護していた元受刑者と結婚離婚原因は?ウソのような実話

【じっくり聞いタロウ】で弁護士の原口未緒さんが出演されます。

原口さんはただの弁護士ではありません。

円満離婚弁護士”として活躍されているのですが、ご自身も3回の離婚と、1回の事実婚を経験されているという、なかなか波乱気味な人生を送られている女性です。

その恋多き原口さんは、2番目の結婚相手に原口さんが弁護を担当した被告人と恋に落ち出所してから入籍したという逸話の持ち主。

そんな衝撃的な原口未緒さんとはどんな方なのか調べてみました!

スポンサーリンク

 

原口未緒弁護士 の結婚・離婚原因は?

引用:弁護士ドットコム

原口さんご自身は、3回の離婚と1回の事実婚をされ、現在は事実婚の相手とも別れたそうです。

1回目 30歳~33歳 国家公務員の方。

2回目 34歳~35歳 元受刑者

3回目 36歳~37歳 建設会社 社長

4回目 40歳~44歳 不動産会社 経営(事実婚)

という華々しい?結婚離婚&事実婚の経歴を持っている原口さん。

両親の離婚でとてもつらい思いをしたので、幸せな家族が欲しかったそうですが、逆に結婚とは夫婦仲良くやっていけなくてはいけないというプレッシャーになってしまっていたようです。

元受刑者と結婚したウソのような実話

特にこの話に興味を持ちますよね。

本当にこんなことあるんだ?と思ってしまうウソのような話ですから!

どうやら「離れていると燃え上がってしまう」というのが恋に落ちた理由なそうで、服役中の1年間は月に1回しか会えず、たった15分だけ許された面会時間と手紙でのやり取りのみが、さらに燃え上がらせたようです。

そして出所後、結婚したのですが結局結婚生活は1年ももたなかったのです。

出所後に判明したことは、まったく仕事をしない「ダメンズ」で、4000万も散財されたそうです。

罪を犯した人だったわけですから、その夫の中身をよく知っていたのに燃え上がった恋は盲目だったというわけです。

ですが、このままだと破産しかねない勢いだったので原口さんから別れを切り出し離婚しました。

そもそも罪を犯したパーソナリティをもった人のどこに惹かれたのかというと、 「人間そのもの」として生きる男性が魅力的に見えたところだそうです。

そう聞くとわからなくもない気がしますが、人間臭さが ただワイルドに見える? と勘違いしてしまったような…

ですが、

「やっぱり社会性がないと『人間として良い』だけでは生活できないんだな」

と思い直したそうです。

冷静になって初めて気づけたんですね。

スポンサーリンク

そしてその半年後、原口さんは4歳下の建築会社の社長と結婚されました。

 

とても優しい男性だったそうですが、1年半後原口さんがフラれてしまったとか。

その後、子どもが欲しかった原口さんは40歳のとき、当時付き合いをしていた男性との間に子どもを授かりました。

原口さんは、これまでに3度結婚に失敗しているので入籍のメリットを見い出せず、子どもの父親となる男性とは事実婚を選択しました。

海外では事実婚はよくある話で、結婚という形に囚われずこれからの近い将来、日本でも普通のことになるかもしれませんね。

結果的に、お子さんの父親となる方とも別れてしまったそうです。

そんな原口さんの趣味は‟結婚″だそうで、特技は‟離婚″なんだそう。

なんだか結婚離婚を繰り返して大変そうにも思えますが、自虐を楽しんでいるようでとても明るい方です!

今ではそのように見えますが、やはりご本人は

 

「どうしてこんなに何度も離婚をしてしまうんだろう。何度相手を変えても同じ、自分の問題なんだ。」

 

と気づいて、自分の内面に目を向けるためにカウンセリング・セラピー・ヒーリングなど受け、今ではそれを仕事に活かしているそうです。

スポンサーリンク

原口未緒弁護士 弁護していた元受刑者と結婚離婚原因は?ウソのような実話 まとめ

今では3度の離婚と事実婚を笑い話にされている原口さん。

なかなかレアな経験をされていて、まさに波乱万丈の人生ですね。

それでも女手1つでお子さんを育て、自立されている原口さんはとても強く、なんだか幸せそうに見えます。

女性は強し!と感じられる原口さんをこれからも応援します!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする