メーガン妃とアーチー君現在の住まい カナダバンクーバー島の家はビーチ付き大豪邸!場所や豪華な家の中(写真あり)は?警備問題は?

2020年1月18日、ハリー王子メーガン妃が王室のメンバーから外れると発表されましたね。

王室から独立したいとする夫妻の意向を、エリザベス女王が認め、王位継承順位6位の王子が王族から抜けるというロイヤルファミリーの中では異例の事態となりました。

今、世界が注目するハリー王子メーガン妃

今後はイギリスとカナダを行ったり来たりの生活をされるということで、2019年年末からカナダで家族だけで過ごされてました。

現在はカナダのバンクーバー島にいらっしゃいます。

その場所や大豪邸を調べてみました!

スポンサーリンク

メーガン妃とアーチー君 現在の住まい カナダバンクーバー島の家はビーチ付き大豪邸

現在、メーガン妃アーチー君が住んでいる場所は、

カナダ バンクーバー島で周りには何もない田舎です。

今まで、パパラッチや何をしても批判され炎上してしまうおふたりにとっては、

とても静かでかなり奥まった沿岸ぞいの場所なので

落ち着ける場所なのかと思います。

その大豪邸の家というのがこちら!

引用:priceypads

すごくすてきな豪邸ですよね。

海側から見ると、木に囲まれていて完全に陸からプライバシーが守られているような孤島のようにも見えます。

ハリー王子メーガン妃アーチー君が過ごしているこの邸宅は、

カナダドルで1800万ドル、日本円で約15億円の家なのだそうです。

こちらの物件、2016年にサイトに掲載されていた内容では、

「現在、販売、国際的なエグゼクティブリトリート、バケーションレンタル、またはイベントの目的地として提供されている」

とあったそうです。

ハリー王子夫妻が、購入したのかレンタルしているのかは不明ですが…

このウォーターフロント邸宅は、「落ち着いた」「自然環境に合うように設計された」そうです。

2019年12月19日に、この大豪邸の敷地内にカメラやフェンスが設置され

厳重になっていき、クリスマス前にカナダの首相ジャスティン・トルドー氏が

確認していたとか。

地元の人たちも、どうやらこのようなことを見て、ロイヤルファミリーが来たと気づいたようです。

現在では、かなり大勢の警備員が邸宅の周りに配置され、海側ではカナダの軍艦が警備しているようです。

スポンサーリンク

警備は? カナダはお金の問題にシビア

このように、今問題視されているのが、カナダに移住となると警備の問題です。

もし、カナダ側が警備の負担をするとなると、夫妻と息子のアーチーちゃんの警備には毎年130万ドル(約1億4000万円)の費用がかかると推定されています。


カナダの世論調査によれば、

ハリー王子夫妻の離脱騒動に関心を持っていたカナダ人は全体の70%。

夫妻がカナダに長期滞在することに関しては、

39%が「うれしい」

11%が「当惑する」

50%が「どうでもよい」

と無関心が半数を占めました。

警備の費用など、カナダはそれにどう対応すべきかという問いに関しては、

73%が「彼らが負担すべき。いかなる費用も払わない」

19%が「いくらかは払うべき」

3%が「どんな費用でも支払う必要がある」

と、いう結果になりました。

当然、税金から賄われるので多くのカナダ人は

「費用を負担させられるのはごめん」

と思っているということですね。

スポンサーリンク

ビーチ付きの大豪邸の中は?

メインハウスは11,416平方フィートあり、

5つのベッドルームと8つのバスルーム、

2つのプライベートビーチ、

2,349平方フィートのゲストコテージに3つのベッドと2つのバスルームがある

広大な敷地の大豪邸です。

メインハウス内には、フォーマルダイニングルーム、

暖炉のあるパネル張りのオフィス、

ピザオーブンのあるキッチンに通じる大きな2階建てのリビングルーム、

ウェットバーのあるゲームルーム、メディアルーム、

ワインテイスティングルームがあります。

リビングルーム  
ダイニングルーム     
ゲストハウス    引用:daily mail
スポンサーリンク

メーガン妃とアーチー君現在の住まい カナダバンクーバー島の家はビーチ付き大豪邸!場所や豪華な家の中は?警備問題は? まとめ

 

上記写真は以前サザビーズリストに載っていた写真です。

 

今まで、ハリー王子夫妻はパパラッチがプライベートを無視した行動をしたり、メディアが傷つけるような報道がたくさんあったりと、精神的にも大変な思いをされてきています。

 

ハリー王子に関しては、パパラッチに追われた末に事故死した母親の元ダイアナ妃

 

「カメラのシャッター音を聞いたりフラッシュを見たりするたびに、最悪の形で母の人生を思い出す」

 

と精神的に不安定になるとも話されています。

 

行き過ぎた報道によって最悪なことになる前に、家族を守るための対応策としてカナダに移住されると言われていますが、確かにカナダはイギリスやアメリカのような過剰な報道もなく、世論調査でもあるように、カナダ国民はあまり関心が無いという結果がハリー王子の家族にとっては生活していくうえで住みやすいのかもしれません。

 

 

これからは、まだ小さいアーチー君と家族水入らずゆっくりできるといいですね!