複数のペンネームをもつ漫画原作者 樹林伸の経歴 ワイン漫画と豪華!ワイン御殿【ゴロウ・デラックス】

1月25日【ゴロウ・デラックス】に

漫画原作者・小説家の樹林伸(きばやし しん)さんが出演されます。

【ゴロウ・デラックス】の予告編では

4000本のワインが収納されているワインセラーがあるなど

ご自宅は かなり豪華‼

相当 稼いでいらっしゃるのでしょう!

そんな気になる樹林伸さんを調べてみました!

 樹林伸さんのプロフィールと経歴

♦名前 樹林伸(きばやし しん)

♦生年月日 1962年7月22日(2018年現在 55歳)

♦出身地 東京都

♦出身大学 早稲田大学

大学を卒業後 講談社へ入社され

「週間少年マガジン」編集部での漫画編集にかかわり

担当していた作品が

『シュート』『GTO』『金田一少年の事件簿』など

漫画にうとい方でも 一度は耳にしたことがある作品ではないでしょうか。

そして 樹林伸さんは編集時代に原作者並みに

ストーリーに口出しをされていたとのことで

樹林さんがモデルのキャラクターとして出ていたそうです。

その後 12年間働いた講談社を1999年に退職されました。

目標としていたことを達成し

もう講談社では 全部仕事をやり切ったと思い

原作者として独立されたそうです。

複数の名をもつ漫画原作者 樹林伸とは?

樹林伸さんは ジャンルごとに複数のペンネームをお持ちです。

♠亜樹直(あぎ ただし)

♠天樹征丸(あまぎ せいまる)

♠安童夕馬(あんどう ゆうま)

♠青樹佑夜(あおき ゆうや)

♠有森丈時(ありもり じょうじ)

♠伊賀大晃(いがの ひろあき)

♠龍門諒(りゅうもん りょう)

♠S・K

なぜ 複数ものペンネームを持っているのかというと、

「作品ごとに新たな気持ちで挑む」ということ

「新人のように受け止めてもらえる」

ということでペンネームを使い分けているということです。

ワイン漫画『神の雫』は趣味のワイン好きが高じた作品

2004年『神の雫』が発行。

ワインの漫画として世界に広まりました。

全世界で1000万部発行されたそうです。

そして後に『神の雫』で日本にワインが広まった貢献人として

ボジョレワイン騎士団 より「騎士号」が贈られたそうです。

その時に『神の雫』は樹林さんの姉との共同制作ということで、

授賞式に姉弟共同のペンネーム【亜樹直(あぎ ただし)】であることを公表されました。

樹林伸さんは、趣味がそのまま仕事になり

仕事は好きの延長線上でなければ続かないとおっしゃっています。

ワイン好きが高じて仕事になるなんて 羨ましい限りです。

豪華!ワイン御殿に4000本のワイン‼

樹林伸さんは もともとワインが好きだったそうですが、

ある時『ロマネコンティ』を飲んでからはワインの虜になったそう…

そこから ワインを買い込み 今ではご自宅のワインセラーに4000本!

4000本ってすごすぎる…

一般ピープルには想像できません…(゚д゚)!

【ゴロウ・デラックス】予告編では

ワインセラーのラックにも乗せきれないワインの箱などが足元に

映っていたり、やはり4000本のワインセラーは圧巻です。

吾郎ちゃんが 樹林さんにおねだりして

「どうせいつかは飲むから」と

樹林さんがワインにはまったきっかけの「ロマネコンティ」を

振る舞うなんて とてもお優しく 寛大なお方ですね!

漫画をあまり見ない方でも、

原作者や漫画家のバックボーンを知ると

興味が湧いて読んでみたい!

と思ったのは私だけではないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
336