茨城県の幻の凍みこんにゃくは食物繊維がスゴイ!便秘やダイエットにいいその栄養と効果は?置き換えフードになる優れもの!




茨城県のまぼろしの伝統食材【凍(し)みこんにゃく】をご存知ですか?

こんにゃくを乾燥させた食品で茨城県常陸太田市の伝統的な食品なんです。

そもそも、こんにゃくは食物繊維が豊富でダイエットに最適と言われています。

こんにゃくの使い道は、おでんや煮物など料理の幅が少なく頻繁に食べれるものではないイメージでした。

ですが、幻の伝統食品【凍(し)みこんにゃく】は栄養も豊富で、いろいろと料理の代用として使える万能食品なんです。

そんな【凍(し)みこんにゃく】は、なぜ幻の伝統食品といわれているのか、どんな栄養や効果があるのかを調べてみました!

スポンサーリンク

茨城県の幻の伝統食材 ”凍(し)みこんにゃく”

 

      引用:http://www.mizu.gr.jp

茨城県北部奥久慈地方に江戸時代から伝わる保存食 ”凍みこんにゃく”

”凍みこんにゃく”を作るには非常に手間がかかります。

”凍みこんにゃく”は厳冬期の12月から2月、米作の冬の閑散期に農家で作られていたのですが、作り手自身が激減。

”凍みこんにゃく”の作り方は、

ワラを敷き詰めた畑にこんにゃくを一枚一枚丁寧に並べ、水をかけて夜凍らせて昼に解凍と、これらの作業をすべて手作業で繰りかえしながら、約半月かけてようやく完成します。

                    引用:朝日デジタル

昭和初期には凍みこんにゃく”作りをしている農家が50軒ほどあったのですが、大変手間がかかり、伝統食材でありながら徐々に減少し、現在では伝統を守ろうという取り組みをしている人の手によってわずかに生産されており、非常に貴重な食材なのです。

時代の流れと共に伝統的な製法を受け継ぐ人手が不足し、

風前の灯になった”凍みこんにゃく”

ですが、最近、伝統食材として見直されつつある”凍みこんにゃく”は、独特の食感や低カロリー食品でダイエットに最適だということで再び注目を集めているのです。

スポンサーリンク

”凍(し)みこんにゃく”は食物繊維がスゴイ!便秘やダイエットにいい栄養と効果は?

こんにゃくは昔から「腸の砂おろし」などといわれ、体内の毒さらいに食べるという習慣がありました。

現代では、こんにゃくが便秘予防、コレステロールの低下、ガン防止の働き、糖尿病の予防などに効果があることが分かっています。

こんにゃくにはカルシウムと、グルコマンナンという食物繊維が豊富です。

カルシウムは、体内に吸収されやすく骨粗しょう症を予防する効果があります。

グルコマンナンは、コレステロール値を抑える働きや有害物質を体外に排出する働き、動脈硬化を予防する働きがあり、水溶性の食物繊維なので腸内環境を整える働きがあり、便秘を解消してくれます。

便秘が解消されると、吹き出物やくすみがなくなり、お肌もきれいになります。

食物繊維は、気づかぬうちに体内に取り入れている発ガン性のある食品添加物などの有害物質を体内で吸収するのを防ぐので、ガン防止の働きをしてくれます。

さらに、セラミドという保湿効果のある成分も含まれているので、美容効果も期待できます。

また、不必要なナトリウムを体外に排出する効果もあるので、高血圧の方は積極的に摂取したい成分です。

”凍みこんにゃく”を1枚食べると、こんにゃく1丁食べたのと同じなのだそうです。

さらに”凍みこんにゃく”は、こんにゃくと比べてみると、食物繊維が32倍も多いのです。

”凍みこんにゃく”栄養成分含有率(100g中)は

食物繊維 :71.3g

カルシウム:1600㎎

鉄    :12.2㎎

カロリーもないので、まさにダイエットにはもってこいの食材なのです!

スポンサーリンク

ダイエットにいい置き換えフードになる優れもの!

         引用:ぐるなび

これだけ美容や健康にいいと言われているこんにゃくは、できるだけ食べるようにしたいものですが、従来のこんにゃくでは料理法も限られているため、毎日摂るのも厳しい状況です。

その反面、”凍みこんにゃく”は、スポンジ状でダシの旨みを吸い込み、煮物やてんぷら、フライ、炒め物などの料理で使えます。

そして、”凍みこんにゃく”は、こんにゃくと違う肉のような食感を楽しむことができるので、ハンバーグに入れたり、お肉を使うメニューの代用として使うことができます。

まさに、”凍みこんにゃく”は食物繊維たっぷりの健康食品であり、取り入れない理由はないですね!

スポンサーリンク

茨城県の幻の”凍みこんにゃく”は食物繊維がスゴイ!便秘やダイエットにいいその栄養と効果は?置き換えフードになる優れもの!まとめ

こんにゃくはカロリーが低く健康・美容にもよいのですが、もし”凍みこんにゃく”が手元にない場合、普通のこんにゃくを購入し冷凍することも可能です。

まずそのメリットは、冷凍することで普通のこんにゃくよりも噛み応えが増し、そしゃく回数が増えます。

よく噛むことで早食い防止になり、普段より少ない量で満腹感を得ることができます。

冷凍したこんにゃくは、お肉のような食感になるので、お肉の代用として使うことができます。

また、こんにゃくは値段も安いので、節約になり経済的にもメリットがあります。

そして”凍みこんにゃく”は、まさに健康になりながら、ダイエットができ美容にも効くという優れものなんですね!

伝統を守るために続けらていますが、この素晴らしい食材をもっと世に広げ、作り手を増やし”凍みこんにゃく”を絶やさないでほしいと願っています。

喉から手が出るほど、”凍みこんにゃく”を今一番に試してみたい食材です!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする