CBC石井亮次アナは問題夫!嫁や家族から煙たがれながら頑張ってるお父さんはゴゴスマで毒舌?人気の理由は?




【人生イロイロ超会議】『ゴゴスマ』のアナウンサー石井亮次アナウンサーが出演されます。

石井アナの妻が初登場されるのですが、どうやら大クレームがあるということで、爽やかなイメージをもった石井アナにいったいどんなクレームなのでしょうかね。

最近人気が出てきた石井亮次アナウンサーを調べてみました!

スポンサーリンク

石井亮次さんwiki風プロフィール

     引用:マイナビニュース

名前    石井亮次

生年月日  1977年3月27日

出身地   大阪府東大阪市

学歴    同志社大学文学部

身長    181㎝

血液型   O型

特技    ものまね(ビートたけし 他)

石井アナがおしゃべり好きなのは、小さいころから朝から晩までラジオを聞いていたからだそうです。

石井亮次アナウンサーの実家はガソリンスタンドを経営されているのですが、

16歳から23歳まで実家のガソリンスタンドでバイトしていました。

ずっとラジオが流れていて、言葉でニュースを伝えたり野球実況したりするのってすごいなという憧れを持っていたそうです。

そして、ガソリンスタンドにはいろんなお客さんとの接客は勉強になったとのこと。

ちなみに石井亮次アナ自身も危険物取扱者の資格を持っています。

石井亮次アナがアナウンサーを目指したのは、小学校3年のとき。

タイガースが日本一になった時、テレビの音を消してラジオの音で野球の実況を聞くというマニアックな見方していた時に、

「しゃべっているおっちゃんかっこいい!」

それが最初のきっかけだったそうです。

大学で就職活動を始める時に、当時付き合っていた彼女がアナウンサー試験を受け、

そこで石井亮次アナもアナウンサーの試験は面接だけというのを聞き、受けたのだそう。

その時に小3の頃の思いが蘇ったそうです。

その年はテレビ局を受けまくっていたのですが全部落ち、

1年就職浪人後、CBC(中部日本放送)に採用されました。

そうして、2000年にCBCに入社します。

その後、バラエティや報道、ラジオ番組などで活躍。

2003年度TBS系列放送局で優秀なアナウンサーに贈られるアノンシスト賞の

「ラジオ・フリートーク」部門で最優秀賞を受賞

2005年度には「テレビ・フリートーク」部門で優秀賞をそれぞれ受賞しています。

2013年4月1日から「ゴゴスマ」で司会を担当されています。

スポンサーリンク

石井亮次アナは問題夫!嫁や家族から煙たがれながら頑張ってるお父さん‼

石井亮次アナウンサー2児のパパだそうで、2004年にご結婚されているそうです。

どうやらロケ地先のお店で奥様と出会ったとか。

奥様は一般の方なので顔がわかる写真などはありませんでした。

お子さんは娘さんが二人、小学6年生と小学2年生だそうです。

『ゴゴスマ 』のMCのお仕事は、朝5時に起きて夜7時には帰宅できるし、週に2日は家族と過ごせる時間が取れるそうです。

なので、土日は子供達といつも一緒に遊んでいるそうですよ。

ですが、家族からのクレームで、

”裸のまま体全体で漢字を書いて当てさせる”

”しつこく絡んでくる”

”一番風呂後のおふろのお湯が汚い”

など好感度がいい石井亮次アナの表の顔と、家での顔は違うようで、そこに家族からクレームが出ていました。

ですがそれらの問題は、ほのぼのしている内容でしたので、個人的には

”お父さん、頑張ってる感”が”

あって逆に好感持てましたけどね!

スポンサーリンク

ゴゴスマで毒舌!人気の理由は?

関東進出当初は視聴率0.9%と低迷でしたが、

2017年10月4日放送回で関東地区で同時間帯1位(5.4%)を獲得、

2018年2月2日放送回では関東地区での過去最高視聴率7.2%を記録。

徐々に「ゴゴスマ」のファンを増やしているのが目に見えますね。

その理由というのが、石井亮次アナウンサーとスタッフの努力だと言っています。

『情報ライブ ミヤネ屋』『直撃LIVE グッディ!』『羽鳥慎一のモーニングショー』などの情報番組は全録して、研究しているのだそう。

エゴサーチをかなりしているのだとか。

そして、石井亮次アナはなかなかのイケメンでマイルドな印象がありますよね。

テレビ局内でも真面目で勉強熱心、笑いのツボを理解していて面白いと評判なんだそうですよ。

そんな石井亮次アナの雰囲気やさわやかな見た目と軽妙なトークで、コメンテーターたちが自由に発言できる心地よい空気も作り出している番組に視聴者の心を掴んでいるといわれています。

人気が上昇してきている石井亮次アナは、ドラマなどにも出演、本も出版されています。

人気ぶりがわかるアナウンサー好感度ランキング(週刊文春2018年度)では、

昨年まで圏外だった石井亮次アナウンサーが10位にランクインされています!

やはり人気は急上昇中なんですね!

ちなみに以前、石井亮次アナは毒舌?と言われている破壊力満点のコメントが視聴者の間で注目をされた内容がこれ↓

ベッキー&川谷の不倫騒動について特集を放送されていた時、

石井亮次アナは「矢口真里さんの時は1年5ヶ月でね、復帰をしました」と、2013年にベッキーと同じく不倫騒動を引き起こし、活動休止を経験した矢口を引き合いに出し、「あのー、矢口真里さんは、ゴゴスマのレギュラーだったですからね。

矢口さん、最後の地上波はゴゴスマですからね。(番組降板が)早かった。始まって1ヵ月でその問題で降板になって。1年5ヶ月で復帰した時が、まさかのゴゴスマの裏番組(日本テレビ系列『情報ライブ ミヤネ屋』)だったっていう。

そういうことがありましたんでね。それをちょっと忸怩たる思い、個人的にはあるんですけど」

引用:https://news.aol.jp/2016/02/01/gogosmile/

こうした石井亮次アナの発言に対し、ネット上の視聴者からも

「ぐう正論www」

「石井さんよく言った!」

「破壊力満点www」

「サラッと強烈な毒吐く石井さんwww」

などといった声が相次いだそうです。

スポンサーリンク

石井亮次アナのプロフィール・嫁や家族は?ゴゴスマで毒舌!人気の理由は? まとめ

石井亮次アナウンサーは、イケメンで優しい感じの雰囲気を持たれていますが、

実は特技が “ものまね” ということで実は根っからの面白いのが好きなアナウンサーなのでしょうね。

『ゴゴスマ』でもコメンテーターとの掛け合いがおもしろいなどという声も聞きます。

これからも活躍される石井亮次アナウンサーを応援したいと思います!

今年はさらに活躍をされ、好きなアナウンサーランキングTOP3に入るのも、そう遠くはないのではないでしょうか。

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする