40代 下腹部の痛みは `憩室炎‘だった Part①

右下腹部の痛みは いったい何?

40代に入った頃のある日

なんかお腹が 張っているような…

私の場合は 右下の下腹部が重い感じ…(1日目)

次の日(2日目)は 少し痛みが出てきた?

いや、これは生理前のちょっとした痛み?

まぁ 明日には治っているだろうなぁ…

(3日目)には 明らかに重い感じ…プラス鈍痛

これは何かおかしい…

一般的にすぐに思いつくのが、

`盲腸‘

すぐに調べたら

『なんか盲腸っぽい…』と自己判断

何はともあれ

とりあえず病院に行かなくては!

と思った次の日(4日目)

下腹部右下 かなりの激痛に見まわれました。

その痛さは

お腹を下した痛さではないし、

生理痛でもないし、

今まで経験したことのない痛さ💦

とにかく会社を休んで

近所の内科へ…

診察室に入って 横になり、

下腹部周辺を触診され

手で押されて一番痛かった場所が

ピンポイントで下腹部

女医さん…

『もしかしたら盲腸かもしれない…

精密検査をしてみないとわからないので

大きい病院を今すぐ紹介します。

そちらで調べて下さい』

と言われ、痛すぎてまっすぐ立てず、

前かがみになりながら、紹介された病院へ向かいました。

1~2時間待ったあと(大病院なので なかなか呼ばれない)

その間も激痛との戦い…

そもそも痛さに強いたちで、

何とか我慢し

やっと呼ばれました。

まずは

血液を採って、CT検査を行いました。

そして結果は

【憩室炎】

でした。

なっ…何ですか? 憩室炎?

【憩室炎】

大腸の一部分に袋(憩室)が外側にでき、

そこに便が詰まったりすると炎症を起こす症状

始めて聞いた病名…

この時は 38度くらいの熱も出ていて、

身体はかなり弱りきっていました。

・入院するか、

・抗生物質を飲んで 家で安静するか

の選択で どうしようか悩んでいると

お医者様より

『血液検査から白血球の数値が高いので、

相当お腹が痛いはずだから、入院したほうがいいんだけどね…

いくら痛さに強いとは言っても、我慢しすぎて腹膜炎などに

なってしまうかもしれないから、あんまり我慢しないように』

と言われました。

確かに、入院したほうが治療に集中できて

いいのはわかっているけど、

5日間位の入院…

その間の家族の世話や、仕事、家事…

やっぱり痛いとはいえ

家に居たほうが、何かしらできるだろうと思い

自宅で安静を選びました。

10日分の薬を処方され

1日目は 激痛あり、熱ありの寝たきり状態

2日目位から 激痛も鈍痛になり

3日目位から お腹に違和感がある感じが残り

4日目位から 痛さもなくなって、通常通りの生活OK

ただし、痛さがなくなっても10日間 薬は飲み続けました。

何かと40代になってから

体力が急になくなったり、

今まで経験したことのない身体の不調など

出てきたように感じます。

年齢に関係なく

身体に異変を感じたら

自己判断せず

すぐに病院へ行く!

そして大変なことになる前に

未然に防げるといいですね!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする