片岡恭子 仕事は女運び屋!海外の壮絶で刺激的な体験旅とは?




8月16日【アウトデラックス】に'海外を飛び回る女性運び屋の正体に迫る!!'にプロバックパッカーの片岡恭子さんが放送されます。

2017年現在、50カ国を歴訪。海外放浪をしまくっているという彼女の仕事は“運び屋”だそうです。危険な目にあったり、壮絶な体験をされているようで、とても気になりますよね。

そんな片岡恭子さんを調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前    片岡恭子(かたおか きょうこ)

生まれ   1968年

出身地   京都府

居住地   東京都

学歴    同志社大学文学研究科修士課程修了 / スペインのコンプルテンセ大学に留学

ステータス 未婚

スポンサーリンク

会社員の父と専業主婦の母、妹という家庭で育ち、大学の修士課程を修了後、司書として働きながら、スペイン語を学びます。

1998年にスペイン留学の後、人生が大きく狂ってさらに中南米へ。

「いろいろあって10年暮らしていた彼と別れてやけくそで一人旅を始めました」「死んでもいいくらいの気持ちなので危険な場所もめちゃくちゃ行く」と話されています。

中米を巡り、2年後に帰国。

その後 1年ほど親元で一緒に暮らしたのですが、鬱になり、引きこもってしまいます。

原因は母親。

実家で母と顔を合わせることもつらく、追いつめられていました。

「母は先回りして何でも全部しちゃう人。私は家では何もしたことがない。でも〝あなたは私がいないとだめね〟と抑え込むコントロールが常にあった」

心療内科に通うこともやめて、死ぬ気力さえないと感じながら睡眠薬をビールで流し込む日々だったそうです。ある時、テレビで9・11のニューヨークのツインタワーが崩壊する様を見て、明日のことは分からないのだから、好きなことをしようと思い、海外への再出発を決めたそうです。

仕事は女運び屋 → 次へ

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする