加藤金次郎くん(9歳)は天才キッズゴルファー!どうやって上手になるの?練習方法は?父親は社長ですべてをサポート!




ゴルフを始めて半年で全国大会優勝!

世界大会2年連続入賞のスーパーキッズゴルファーこと加藤金次郎くん。

短期間でメキメキと天才キッズぶりを発揮した現在小学校3年生の加藤金次郎くんは、

いったいどのような練習で優勝を飾ったのでしょうか。

そして加藤金次郎くんを支えるご両親など何をされていらっしゃるのか調べてみました!

スポンサーリンク

加藤金次郎くんは天才キッズゴルファー!

    引用:golfdigest-play.jp

愛知県瀬戸市に育った加藤金次郎くんは現在、長根小学校に通う小学校3年生です。

加藤金次郎くんがゴルフを始めたのは2016年。

3年前に父親の加藤景三さんについていったゴルフ練習場で、

「自分も打ってみたい」

加藤金次郎くんが言うので、

「本気でやるなら、とことんやらせよう」

と思い、それがきっかけでスタートしました。

2017年3月、

スタジオアリス女子オープンジュニアカップ新小学1~2年生、男女混合の部で初優勝

U.S.キッズゴルフの日本選手決定戦で優勝

同年8月に8月にアメリカ・ノースカロライナ州で行われた世界選手権に出場、約70か国から集まった

127選手中、7位

という快挙を成し遂げます。

ゴルフを始めて約1年あまりで世界に通用する天才ゴルファーが誕生しました。

2018年3月、スタジオアリス女子オープンジュニアカップで優勝。2連覇を達成します。

世界ジュニアゴルフ選手権の日本代表選抜大会で優勝

同年のIMGA世界ジュニア選手権でも7位を獲得。

と天才ぶりを発揮しています。

スポンサーリンク

どうやって上手になるの?練習方法は?

  引用:www.chunichi.co.jp

平日は早朝から登校前に練習、学校から帰ると、父・加藤景三さんの車で練習場に通って、1日あたり約500球を打ち込むのだそう。

自宅でも父・景三さんがネットやパイプを取り寄せて自作した部屋で、就寝時間までショット、パットの練習。

休日は朝から夕方までコースを回り、大会にも積極的に参加し、実践力を高めているのだそう。

「25歳までにマスターズで勝ちたい」

若干9歳にして大きな目標を掲げているなんて本当にスゴイです。

            引用:www.nagoyatv.com

金次郎くんはこんなに過酷な練習でも、

「練習は大好き!ゴルフをしているときは一番楽しい!」

好きなこだからこそ金次郎くんは練習に励み、優勝を手にできるのは相当な努力をされた賜物でもあり、ゴルフの才能が開花されたのでしょう。

そして、加藤金次郎くんの憧れの選手は星野陸也(23)さんなんだそうです。

スポンサーリンク

父親は社長ですべてをサポート

     引用:http://www.city.seto.aichi.jp

金次郎くんの父・景三さんは福祉事業会社の

(有)ケイズライフ(株)ケーツーホメナックスの代表取締役をされています。

24歳で会社を起こしたのだそうです。

もともとは父・景三さんのゴルフが趣味で、金次郎くんが一緒に練習についていったのが天才ゴルファーの誕生のきっかけとなりました。

金次郎くんは、お父さん(景三さん)に指導をしてもらい最初は苦労したようですが、わずか1年で実力がつきました。

お父さんの指導が天才を生む練習方法だったんですね。

そして海外遠征でも、父・景三さんがコーチとしてだけでなく、父親としても金次郎くんに寄り添っていらっしゃるようです。

景三さんは、「何事も中途半端が嫌いな性分」なのだそうで、金次郎くんにも、やるといった以上は最後までやり抜く頑張りを見せてほしいと大きな期待をもって、日々世界一の選手になることを夢に父・景三さんとの二人三脚でゴルフに打ち込んでいる金次郎くんを応援します!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする