レオナ・ヘルムズリ― 最も意地悪な女王 最期まで怪女を貫く

【奇跡体験アンビリバボー】でレオナ・ヘルムズリーの波乱万丈の人生スペシャルが

放送されますね。

『今世紀、最強の悪女と言われる彼女の華麗なる転落人生とは!?』

そこまで言われるレオナ・ヘルムズリーについて調べてみました!

スポンサーリンク

レオナ・ヘルムズリ― 生い立ち

名前   レオナ・ヘルムズリ―(Leona Helmsley)

本名   リナ・ミンディ・ローゼンタール

生年月日 1920年7月4日

死亡   2007年8月20日

両親はポーランドからのユダヤ系移民で、何度か転居を繰り返したあと

マンハッタンで高校に進学したが中退。

本名のローゼンタールというユダヤ風の苗字をロバートと改名し

モデルや秘書をして働いていました。

1941年-1952年 弁護士と結婚して一子をもうけたが離婚。

1953年-1960年 衣類会社社長と再婚し7年目で離婚。

その頃 不動産販売員としてメキメキと頭角を現し、

60年代末には勤めていた不動産会社の重役になりました。

1960年代末に、資産50億ドルと言われた63歳の不動産王ハリー・ヘルムズリー

(Harry Helmsley)に急接近します。

レオナは略奪愛により、ハリー・ヘムズリ―の家庭を崩壊し、

働き者で真面目一徹、信心深く控え目だったハリー・ヘルムズリ―は33年間連れ添った妻と

突然別れてレオナと1972年に再婚しました。

レオナは計算高く、自分の欲のためには周りを傷つけてでも掴み取る、

まさに女帝に上りつめる始まりでした。

スポンサーリンク

最も意地悪な女王レオナ → 次へ

スポンサーリンク
336