森崎ウィンはミャンマー人?経歴とスピルバーグ監督映画出演で態度が大きくなった?

2018年4月20日から公開しているスティーヴン・スピルバーグ監督の映画

レディプレイヤー1】に出演している俳優

森崎ウィンさんをご存知ですか?

4月23日の『しゃべくり007』に出演されますが、

「スピルバーグ絶賛の俳優、森崎ウィン」と言われているようです。

そんな気になる森崎ウィンさんどんな方か調べてみました!

森崎ウィンはミャンマー人?経歴は?

        インスタより引用

プロフィール

名前   森崎ウィン(もりさき うぃん)

生年月日 1990年8月20日

出身地  ミャンマー

血液型  O型

身長   174㎝

ミャンマー出身で、名前もハーフのようなので、

どちらかがミャンマーの方と思いきや、どうやらご両親共

ミャンマーの方らしいので、森崎ウィンさんは生粋のミャンマーの方のようです。

ウィンという名前はミャンマーでは

「明るい」「賢い」という意味だそうで、

おばあちゃんが名前をつけたそうです。

そんな おばあちゃんですが、

ミャンマーでは 家で英語の先生をされていたので、ウィンさんも体に英語

馴染んでいたと話されています。

日本に来たのは、もともと両親が日本で働いていたので、

小学4年まではミャンマーにいたのですが、その後 日本に移住されました。

なので、森崎ウィンさんは ミャンマー語、英語、日本語を話せるというので

トリリンガルですね!スゴイ!!

今回のハリウッド映画に出演が決まった決め手は、

スピルバーグ監督から直接言われたのは

「英語の発音がきれいだから」とのことでした。

「日本から来た役者で、こんなに英語の発音がきれいな役者は初めてだった」

と言われたそうです。

ご本人曰く、「英語はまだまだ勉強中。

海外で100%仕事として対応できるのかと言われたら、そこまでの能力はないのですが…」と

謙虚に言われていますが、小さいころから、おばあちゃんとの生活で

英語が養われた結果ですね。

芸能界に入ったきっかけは、中学2年の時にスカウトされ、

スターダストプロモーションに入り、

2008年スターダストの俳優ユニットDAKARA☆S!!に所属していましたが、活動休止。

同年 PrizmaXに加入。

2010年にはNAKED BOYZを結成するも同年に脱退し

現在はPrizmaXのみに所属しています。

PrizmaXとは、5人組ダンスボーカルユニット。

福本有希

黒川ティム

森崎ウィン

清水大樹

島田翼

森崎ウィンさんは メインボーカルされているだけあって、めちゃくちゃ歌が上手です。

俳優としてのデビューは、

2009年『ごくせん THE MOVIE』で映画デビュー

2012年、尾崎豊追悼映画『シェリー』で初めて主演を務める

2018年 母国ミャンマーでは日麺共同制作映画『My Country My Home』出演

そのスピンオフであるドラマ版『My Dream My Life』で主演を務める

2018年 『レディ・プレイヤー1』に準主役として出演

2018年 『クジラの島の忘れもの』で主演

2018年 『母さんがどんなに僕を嫌いでも』に出演

スピルバーグ監督映画出演で態度が大きくなった?→次へ

スポンサーリンク
336