仲川遥香 元AKBからJKT48へ!世界で影響力のある女性ランキング7位!なぜ人気?現在はジャカルタで大人気タレントに⁈




元AKB48仲川遥香さんが今海外で大人気

ということなのですが、仲川遥香さんと言えば、インドネシア・ジャカルタのJKT48に移籍し、そこで大人気になって卒業されましたよね!

卒業されてからも、まだジャカルタに住んでタレントとして成功されている仲川遥香さんを調べてみました!

スポンサーリンク

仲川遥香さん wiki風プロフィール

名前           仲川遥香(なかがわ はるか)

愛称          はるごん・ごん・はるさん・はるか

生年月日   1992年2月10日

出身地    東京都

身長     160 cm

趣味・特技  韓国ドラマを観ること、スポーツ

デビュー   2007年4月8日

所属グループ JKT48 チームT(元AKB48 チームB→チームAメンバー、元JKT48 チームメンバー)、渡り廊下走り隊7

AKB48のメンバーとしてデビューし、AKBメンバー渡辺麻友さんとともに「渡り廊下走り隊」として活躍します。

ですが、仲川遥香さんはそれほど人気がすこぶらず低迷していました。

スポンサーリンク

インドネシア・ジャカルタのJKT48に移籍

2012年にはインドネシア・ジャカルタのJKT48に移籍した仲川遥香さん。

なぜジャカルタに?

きっかけは、インドネシア・ジャカルタで行われたAKB48の公演での現地のファンの熱意に感動したのだそう。

そして仲川遥香さんは今の現状と将来のことを見据え、AKB48でも何かに挑戦することはできますが、強力なライバルが多い中、海外の活動の方がより自分の可能性に賭けることができるという点で、ジャカルタへの海外移籍はまたとないチャンスだと感じチャレンジしたのです。

AKBにいるのがいやとかじゃなくて海外にいって自分を試してみたい!挑戦してみたいって!思ったんです!!!!だから自分で挑戦します!って決めました。

ジャカルタでJKT48が結成された直後にJKT48に移籍したいと所属事務所やAKB48のプロデューサー・秋元康さんに直訴したそうです。

2012年にAKB48グループでの海外留学制度ができるとJKT48への移籍に立候補し、移籍が決まりました。

当時はAKB48の留学制度という仕組みの斬新さや、AKB48のメンバーが海外で活動するということが大きくニュースにもなりましたね。

ただジャカルタでのアイドル活動という発想には「ジャカルタではアイドルグループは根付かないのではないか」という不安の声も聞かれ、「海外移籍は事実上の左遷ではないか」といううわさも流れたほど。

スポンサーリンク

『絶対に後悔しない』強い意志を持って移籍

    引用:http://www.globalnewsasia.com

2012年11月1日にJKT48へ移籍した仲川遥香さん。

ですが、そんな噂も何のその!見事に新天地ジャカルタで大成功を納めます。

2013年8月にリリースされた、AKB48「恋するフォーチュンクッキー」のインドネシア語カバーである3rdシングル「Fortune Cookie yang mencinta」では初センターを務め、グループの顔としてインドネシアに認知されたのでした。

JKT48は結成されたばかりのグループを仲川遥香さんが、まとめて引っ張っていく存在ということで、AKB48でいう高橋みなみさんのようなポジションだったそうです。

仲川遥香さんは最年長だったこともありメンバーから頼られる存在でした。接し方はメンバーみんなに平等だったとのことで、そのことがインドネシアのファンにも人気メンバーとして支持されたのではないでしょうか。

「JKT48 シングル選抜総選挙」では最高2位となり、JKT48内で新たに結成されたチームTキャプテンも務めました。

その後 インドネシアでも国民的トップスターに成長したJKT48を2016年12月に卒業します。

今やJKT48で大人気となった仲川遥香さんは卒業後、日本には戻らず活動の拠点をインドネシアのまま現在もアイドル活動を続けています。

スポンサーリンク

世界で影響力のある女性ランキング7位!なぜ人気?


2016年 イギリスとアメリカに拠点を置くマーケティングやブランド戦略向けソリューションを提供しているBrandwatchは、

「Twitterで影響力がある世界の男性15人」

「Twitterで影響力がある世界の女性15人」

を選出。

そこになんと仲川遥香さんが堂々の7位にランクイン!

女性部門トップ15(2016年)

1位 ジェニファー・ロペス (歌手)

2位 ケイティ・ペリー (シンガーソングライター)

3位 セレーナ・ゴメス (女優)

4位 シャキーラ(シンガーソングライター)

5位 デミ・ロヴァート (女優)

6位 オプラ・ウィンフリー(テレビ番組の俳優)

7位 仲川遥香(JKT48)

8位 エレン・デジェネレス (コメディアン)

9位 ブリトニー・スピアーズ (歌手)

10位 アデル (歌手)

11位 ヒラリー・クリントン(米国民主党議員)

12位 アリアナ・グランデ (シンガーソングライター)

13位 アリシア・キーズ (歌手)

14位 エマ・ワトソン (女優)

15位 ニッキー・ミナージュ (ラッパー)

女性部門トップ10(2017年)

1位 ケイティ・ペリー (シンガーソングライター)

2位 シャキーラ (シンガーソングライター)

3位 ジェニファー・ロペス (歌手)

4位 エレン・デジェネレス (コメディアン)

5位 デミ・ロヴァート (女優)

6位 セレーナ・ゴメス (女優)

7位 仲川遥香(タレント)

8位 ブリトニー・スピアーズ (歌手)

9位 オプラ・ウィンフリー (テレビ番組の俳優)

10位 アリシア・キーズ (歌手)

2016年、2017年と女性部門の第7位にランクインです!

そうそうたる有名人の中に日本人が一人ですよ!すごい!!

世界中で有名な著名人の中に一人日本人がランクインした理由は、仲川遥香さん以外は英語でつぶやいていますが、仲川遥香さんはインドネシア語と日本語(たまに英語)でTwitterしているという組み合わせが、人口2億5,000万人以上のインドネシアでのツイートも影響力の1つの要素なのだそうです。

さらに、フォロワー数が少ないにも関わらずランクインしている理由として「フォロワー数は少ないが、コミュニティとより広く繋がる(”エンゲージメント”)が高いので、ランクインしている」とのこと。

インドネシアでは、個人からタレントや有名人、企業や店舗まで多くの人がTwitterを活用しており、誰かの投稿にリプライしたり、それにコメントをするなどTwitterを通じてのコミュニケーションがとても盛んです。

インドネシアで人気タレントの仲川遥香さん自ら、Twitterでファンの書き込みに答えてレスをしているので、ファンにとっては嬉しいことで、ますます仲川遥香さんのファンが広がりフォロワー数は着実に増加しているのです。

コミュニティ(フォロワー)との繋がり(”エンゲージメント”)がしっかりしているということで選ばれたのです。

スポンサーリンク

現在はジャカルタで大人気タレントに⁈

インドネシアの人気タレントに転身した仲川遥香さん。

インドネシアでのコミュニケーションはというと、Twitterでもわかるようにインドネシア語をある程度マスターしています。

インドネシア語はJKT48移籍前に簡単な勉強をしていたそうですが、本格的な勉強はしないままJKT48に移籍したそうです。

ですが、わずか5ヶ月でインドネシア語をある程度習得し、今ではかなり話すことができるようになっています。

インドネシアでは、そのたどたどしいインドネシア語が受けているようですよ!

そして今では大人気のアイドルとして、20本のCMに出演する人気ぶりなのだそう。

推定年収は4,000万円ほどといわれています。インドネシアの平均月収はおよそ3万円ほどなので、富裕層クラスですね。今では海外進出勝ち組アイドルです!

スポンサーリンク

仲川遥香さんの展望

インドネシアでは超有名なアイドルにまでのぼりつめた仲川遥香さん。

仲川遥香さんは海外の人と結婚したいそうで、プロデューサーの秋元康さんからはデヴィ夫人みたいになれ」と言われたそうです(笑)

デヴィ夫人はインドネシアのスカルノ元大統領第3夫人であり、現在はタレントとして活躍されていますよね。

このままインドネシアで人気を持続すれば、インドネシアはたまた世界に羽ばたく有名人となって大統領夫人というポストも可能かも…?

スポンサーリンク

仲川遥香さん 世界で影響力のある女性!大人気アイドルに!まとめ

日本でAKB48であまり活躍できなかった状況を自ら打破し、インドネシアでは国民的人気アイドルグループに成長させ、仲川遥香さんは今では人気アイドル・人気タレントとして大活躍されています。

異国の地で、新たな気持ちでアイドルとして降り立ち、大変な思いもたくさんされたとは思いますが、勇気を持ってチャレンジする精神と、持ち前の明るく誰とでも仲良くなれるコミュニケーション術で、これからも日本を代表するアイドルとして活躍されることを応援しています!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする