平昌オリンピックで世界を釘づけにした美女 サスキア・アルサル(エストニア)




5月14日【人生が変わる1分間の深イイ話】で、

平昌オリンピックで世界を釘づけにした絶世美女が登場します。

2018年の平昌オリンピックが開幕した時期に、「あの美女は誰?」

かなり話題になりました。

話題になった美女とは エストニアのサスキア・アルサルさん!

絶世の美女と言われているサスキア・アルサルさんを調べてみました!!

スポンサーリンク

平昌オリンピックで世界を釘づけにした美女

開幕式でエストニアがコールされ旗を持って現れた時、「激美人」「雪の女王」と

ネット上で話題になった美女。

世界中が絶世の美女に釘付けになった瞬間でした。

彼女の名前はサスキア・アルサルさん、エストニアのスピードスケート代表選手です。

スポンサーリンク

サスキア・アルサルさん(エストニア) プロフィール

                画像:instagramより引用

名前     サスキア・アルサル(Saskia Alusalu)

ニックネーム サッス(Sassu)

生年月日   1994年4月14日

出身     エストニア ヨケヴァ

身長     176cm

体重     64kg

職業     スポーツ選手(オリンピック代表)

趣味     音楽、バイオリン、読書、サッカー

スポーツ   スピードスケートの前はトラック競技、スキーもしていました。

       でも スピードスケートのほうが好き。

スピードスケートを始めたのは、12歳。

なぜ始めたのかというと、スケートが好きで自分をハッピーにしてくれる。

ベストの自分を引き出してくれるからだそうです。

16歳の時に、

ドイツに拠点を移しドイツのインツェルでトレーニングを始めました。

               画像:instagramより引用

サスキア・アルサルさんはエストニアにとって

初めての女性スピードスケート選手なんだそうです。

オリンピックに出場するのもエストニアの女性では初出場!

2013年のワールドカップでは、

エストニアを代表する初の選手になりました。

エストニアにとっては、サスキア・アルサルさんは

国が最も期待している女性なのでしょうね!

スポンサーリンク

出場した競技

スピードスケートの女子マススタートという新しい競技です。

マススタートとは、集団スタートのことで、選手がマラソンのスタートのように

同時にスタートし、シングルトラックで滑走する競技。

マススタートのルールは、

1周400mのコースを16周します。

4周ごとの順位とゴール時の順位の合計ポイントで勝敗が決まります。

ゴール時は1~3位はそのままの順位が考慮され、

4位以降は、4週ごとの通過時点のポイントで計算されます。

平昌オリンピックでは

サスキア・アルサル選手は4位という結果でした。

ただ、結果はメダルを取れませんでしたが、

然りながら 世界に美女サスキア・アルサル選手の名前が知れわたり

エストニアという国も注目を集めたのではないでしょうか?

世界が認める美女サスキア・アルサルさんでした!

これからも活躍を期待したいですね!