一般参賀2023の抽選倍率や日時と結果はいつ?狙い目の時間帯は?

スポンサーリンク

2023年の新年一般参賀は3年ぶりに開催されることとなりました。

そして、今年から愛子様が初参加されるということです!

これは楽しみですね!

といっても誰もが行けば会えるわけではなくて、来年の一般参賀は予約制で人数オーバーになると抽選になります。

申し込み方法は、インターネットかハガキでできますよ!

応募・申し込み方法や期限はいつまでなのか、その倍率や結果はいつわかるのかをお伝えします。

スポンサーリンク

一般参賀2023申し込みはいつからいつまで

一般参賀2023の事前申し込み期間は2022年11月2日(水)~11月18日(金)午後11時59分までです。

郵送(往復ハガキ)の場合は11月18日当日消印有効です。

参加できる年齢や人数、参加希望の時間など細かく指示された項目があるので必ず目を通しておくことをおススメします。

もしご検討されているならお忘れのないよう今すぐ応募しておきましょう!

一般参賀 事前申し込みについて

一般参賀2023申し込み方法と日時や注意点

2023年の一般参賀の参加方法は

・インターネット
・往復はがき

で申し込み可能です。

インターネットの場合はこちらから↓
2023新年一般参賀(宮殿東庭における参賀)

一般参賀の日時

一般参賀の日時は2023年1月2日

計6回
1.午前10時10分ごろ
2.午前11時ごろ
3.午前11時50分ごろ
4.午後1時30分ごろ
5.午後2時20分ごろ
6.午後3時10分ごろ

注意点

【申し込みする際の注意点!】

 

・インターネット・往復はがき以外の申し込みは無効
・申込者は18歳以上で2人まで予約可能(同伴者は子どもでも可)
・新型コロナウイルス感染症の感染拡大のほか、積雪、荒天等により中止されることがある
・申込みは、1人当たり1件限り
・当選をした後に参賀者を変更したりすることはできない

しっかり読まないと無効になる場合があります。

宮内庁サイトの一般参賀事前申込みを十分読んでから申込をしましょう。

狙い目の時間帯は?

3年前(令和2年)は時間帯によってはお出ましになられる皇族の方が変わっていましたので、今年も同じようなお出ましになるかもしれません。

令和2年の一般参賀のお出ましでは、

1回目と2回目は、天皇皇后両陛下、上皇上皇后両陛下と成年の皇族方

3回目は、天皇皇后両陛下、上皇上皇后両陛下、秋篠宮皇嗣同妃両殿下、眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下

4回目以降、天皇皇后両陛下、秋篠宮皇嗣同妃両殿下、眞子内親王殿下及び佳子内親王殿下

上皇上皇后両陛下を一目でも!と思う方は1回目か2回目を希望回にしてみるといいですね!

抽選結果はいつ?

抽選結果は12月中旬に伝えられるそうです。

抽選結果を代表者の方宛てに「宮殿東庭における参賀の要領」というものがメールか返信用はがきにより通知されます。

当選後は、参賀者を変更したり、本人以外の返信用はがき等を提示しても参賀をすることはできませんのでご注意下さいね。

一般参賀2023の抽選倍率は?

2023年の一般参賀は1回につき1,500人が参賀できるということです。

なので、1,500人×6回=9,000人

が今回参賀できるのですが、令和2年時の参賀人数は68,710人でした。

コロナで2年間参賀中止となっていたので、かなりの人が待ち望んでいるのではという予測で例年以上の方が予約を入れるのではないかと思われます。

令和2年の時の人数で考えると…

約7倍ほどの倍率になります。

もちろん、例年以上の参加人数が増えるにつれて倍率も高くなっていきます。

2023年は3年ぶりの開催でもあるし、愛子様も初参加となると応募者が多くなりそうですね。

スポンサーリンク

一般参賀2023申し込み方法と倍率や日時と結果のまとめ

2023年はコロナの影響で人数制限を設けて一般参賀の申し込みはインターネットかハガキのみとなっているので、例年通りに行かれても参賀できませんのでお気をつけ下さいね。

例年を見ると、上皇上皇后両陛下や秋篠宮皇嗣同妃両殿下などがお出ましになられる時間があるので、今後詳細が出ましたらまた追記していきます。

上皇上皇后両陛下もご高齢なので全部の回は難しいかと思われます。

それらも踏まえて参賀希望回も絞れますね!

愛子様は6回ともお出ましになられるのかな?

新年から当選できたら1年いいことがありそう!

当たることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました