しゅんしゅんクリニックP芸人 医者あるあるネタの’ヘイヘイドクター′はおもしろい!




スポンサーリンク

医者あるあるのネタ’ヘイヘイドクター’はおもしろい!

NSC(吉本総合芸能学院)卒業後、ちなみに、現在はよしもと初の医師免許を持っているピン芸人として活動していますが、以前は、舟生侑大さんと『フレミング』というコンビで活動してボケを担当しており、2016年6月に解散しています。

ピン芸人になってからの「しゅんしゅんクリニックP」の『医者あるある』ネタがおもしろい!

                              YouTubeより

ちなみに両サイドで一生懸命に踊っているふたりの女性は、向かって左がお笑いコンビ『ペコリーノ』の「クロコダイルユミ」さん、向かって右がお笑いトリオの『3時のヒロイン』の「かなで」さんです。

おもしろくて動画を探しまくってしまいますが、そんな「しゅんしゅんクリニックP」さんは二足の草鞋で医者もされているのですが、どんな病院で勤務されているかといいますと、『アゲインメディカルクリニック』というAGA発毛専門のクリニックであり、男性型脱毛症の治療に特化した病院なんです。

しかも2016年から、そこの病院の院長をされているとのこと。

そして週に3日、都内のAGAクリニックで外来を担当しながら、献血のスポットアルバイトもたまにしているそうです。

スポンサーリンク

気になる月収

2018年現在の医師としての月収は院長でありながら8月時点で医師としての収入は50万程のようです。

医師として安定している給料があるのですが、同じ屋根の元 節約するためなのか、芸の肥やしのためなのか、お互い切磋琢磨するためか わかりませんが、現在 芸人仲間と新宿高田馬場町にてシェアハウスに住んでいる「しゅんしゅんクリニックP」さん。

スポンサーリンク

まとめ

医者の世界が一般人でもおもしろおかしく知れる歌は今までにない領域なので、「へぇ~」という関心と、思わず「ぷっ」と笑えるおもしろさがありますよね。

「さんまのお笑い向上委員会」などでは、さんまさんにいろいろと指導されているようですが、好感持たれている感があり、これからブレイクしそうな予感です。