副島和樹の経歴、アニメオタクのジュノンボーイ⁉アウトなキャラ?【アウトデラックス】

3月15日【アウトデラックス】に出演される

副島和樹さん。

4か国語を話せるインテリジュノンボーイだということですが、

どうやら、極貧生活をしていて、かなりアウトなキャラらしいですね。

そんな副島和樹さんは、いったいどんな方なのか調べてみました!

スポンサーリンク

副島和樹さんの経歴

名前   副島和樹(そえじま かずき)

生年月日 1993年11月23日

血液型  A型

出身地  三重県

事務所  ジャパン ミュージック エンターテイメント(jme)

三重県生まれで、小学校低学年まで愛知に住み、

その後 インドに移住、中学時代はマレーシア、高校時代はチェコ

住んでいたそうです。

日本帰国は大学入学の時、九州大学に入学されました。

英語はもちろんのこと、

ヒンディ―語

マレー語

チェコ語

あいさつ程度はできるということで、

日本語を合わせたら5か国語話せるということですね!

すごい!!!

さらにイケメンっぷりが数々の受賞でわかります。

〇九州大学のミスターコンテストで見事グランプリ

〇全国ミスターキャンパスコンテストで審査員特別賞を受賞

〇第29回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト審査員特別賞を受賞

されています。

スポンサーリンク

アニメオタクのジュノンボーイ!

漫画やアニメにハマったのは インドに住んでいた時(小学生時代)だそうで、

インドでは 簡単に外出ができず、家に居たお手伝いさんから

よく宗教のことや、神話などを聞いていて、

日本の漫画にも宗教や民話を多く取り入れていたものが多く、

そこからハマっていったとのこと。

アニメオタクと言っても、家に籠もりっきりは 逆に病んでしまうタイプ。

外で誰かしらとかかわっていないとダメなんだそうです。

大好きになったアニメや漫画は言葉は通じなくとも世界共通語

海外の人とコミュニケーションを取るツールとして、活かしていたそうです。

ジュノン・スーパーボーイコンテストに出るきっかけ

海外生活が長い副島和樹さんの経験の中で、

日本の文化に興味を持っている人たちに、何か発信できる立場になって

日本と海外の架け橋になりたいという想いがあったそうです。

まずは芸能界などに入るところからということで、

ジュノン・スーパーボーイコンテストに出ることになったんですね。

動機は素晴らしいですよね!

アウトなキャラ?→ 次へ

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする