スティーブンバトラーWiki生い立ちと美人妻や子供、家族思いのイケメンボクサー

引用:proboxing-fans

12月23日、村田諒太のWBA世界ミドル級王者防衛戦が横浜アリーナで行われます。

 

対戦相手はスティーブン・バトラー

 

かなり若くイケメンですが、スティーブン・バトラーwikiや家族を調べてみました!

スポンサーリンク

スティーブン・バトラーWiki

 

名前    スティーブン・バトラー(STEVEN BUTLER)

生年月日  1995年9月2日(2019年現在 24歳)

出身地   カナダ・モントリオール

身長    182㎝

ニックネーム Bang Bang(バンバン)

 

スティーブンの祖父マーシャル・バトラーは、元ミドル級のプロボクサーでした。

 

右側がマーシャル・バトラー

 

しかし、マーシャル・バトラーの成功は短命でした。

 

プロデビューから6年も経たないうちに、マーシャル・バトラーのキャリアは終わりました。

 

ですが、祖父の影響は大きく、スティーブンは5歳のとき、ボクシンググローブをつけている自分の写真を誇らしげに持っているそうです。

 

実際12歳からボクシングを始めています。

 

スティーブンが小学5年生のとき、多動症で薬を飲むように言われていましたが、ボクシングを通して精神的安定するようになったそうです。

 

他のスポーツも試したのですが、ボクシングを以外、怒りやエネルギーを解放するものは何もなかったと言います。

 

スティーブンは今や薬を服用していません。グローブを付けた瞬間、身も心も自由になり、ボクシングはスティーブンにとって新しい処方箋なのだそう。

 

ただ始めた当初は真剣にボクシングを考えていませんでした。

 

 スティーブンが16歳になり、将来どうなりたいかを考え始めます。

 

自分の人生で何をしたいのか、誰になりたいのか。私は世界チャンピオンになりたいだけでなく、ボクシングの伝説になりたい。

と思ったそうです。

 

若干16歳で、こんな大きな目標を掲げるなんて、この時点ですでに大物の気配がしますね。

 

そして、家族の全面的な支援を受けて、16歳で他のすべてのスポーツから離れ、学校を辞め、フルタイムでボクシングに集中できるようにしました。

 

16歳になって、より真剣にボクシングに向かい2〜3年で35回戦いました。

多くのトーナメントで優勝、わずか17歳で全国チャンピオンになりました。

 

そして18歳でプロデビューします。

 

その9か月後、9回の勝利と8つのKOで9回戦いました。

スポンサーリンク

スティーブン・バトラーの戦績

 

アマチュア戦績  50勝5敗

プロ戦績     28勝(24KO)1敗1分

世界ランキング  ミドル級 WBC4位・WBA9位・IBF8位・WBO1位

 

なんとKO率は80%!

 

かなり安定して結果を残しております。

 

プレースタイルはオーソドックスな感じで、フットワークやパンチの連打のスピードに定評があります。

 

ちなみにスティーブン・バトラーのあだ名は「bang bang 」

「連打の早いパンチが銃弾のように見えるから」

という意味みたいです。

スポンサーリンク

美人妻や子供、家族思いのイケメンボクサー

 

よくツイッターに家族の写真が掲載されています。

今年二人目を出産された奥さんと、全員で4人家族。

 

とても子煩悩のようですね。

 

奥さんも美人で、スティーブンは子供がパワーの源と言っています。

 

 

将来は、パパと一緒でボクサーになるのかも…

スポンサーリンク

スティーブンバトラーWiki生い立ちと美人妻や子供、家族思いのイケメンボクサー まとめ

 

横浜アリーナにて、村田諒太選手との対戦で、多くの有識者が村田諒太選手が有利と予想されています。

 

ですが、スティーブン・バトラー選手は、リーチは203㎝、フットワークとパンチの連打の速さに定評がり、プロ戦績は30戦で1敗しかしていません。

 

そしてKO率80%もあるのです。

 

ですが、弱点は意外と打たれ弱い、荒削りなところもあるようです。

 

いったい結果はどうなるのでしょうか…

 

楽しみな試合になってきましたね。

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする