夏マスク暑さ対策! 女性に人気のおすすめマスクは?

コロナのせいで、真夏でもマスクをしなくてはいけない状況になってしまった昨今。

ムシムシする日本の夏は、マスクをするのが本当に辛いですよね。

とにかく暑さだけでもマスクの中は 、

暑くて、蒸れて、 イライラしてくるのに

特に女性は化粧が崩れて、マスクに化粧が付着する

それも気になってしまい、

もう本当にどうにかしてほしい悩みですよね。

マスクの中の蒸れは、あまり衛生的ではなくなるので肌荒れにもつながります。

ということで、見た目も気になるマスクですが、

暑さ対策しながら化粧崩れや

色落ちも防げるようなマスクがあるのか、

今、女性に人気のあるマスクを調べてみました!

夏マスクの暑さ対策

【林修の今でしょ!】の番組で夏マスクの危険性が放送されていた中で、 運動をして苦しくないマスクの素材は何かを検証されていました。

早速、マスクの素材から見ていきましょう。

一番苦しくならない素材は、

1位…ウレタン

2位…ガーゼ

3位…布

4位…不織布

なのだそうです。

それでは、それぞれ詳細を見ていきましょう!

1位 ウレタンマスク

【ウレタン】は、マスクの中の温度上昇が少なく、呼吸しやすくて息苦しさはありません。

ということは通気性が良すぎる?

それって飛沫感染で危ないのでは?と思いますが、

あくまでも【飛散防止】という観点から見れば十分機能しているとのことです。

通気性もよく、さらにひんやりしていたらもっと嬉しいマスクを探してみました!

2枚セット 日本製 接触冷感仕様 ポリエステル ウレタンマスク 縦ワイヤー 3サイズ有 ひんやり 涼しい/スタイリッシュボディドライ 旭化成 冷感 大きめウレタンマスク 接触冷感 子供サイズ 女性サイズ 男性サイズ 大きいマスク メイク付きにくいマスク

価格:1,480円
(2020/7/15 11:30時点)
感想(0件)

涼しく感じれば、顔の温度の上昇も抑えられて化粧崩れも少なくすみますね。

おまけに口紅を付けていたとしても、ワイヤーで立体になっているのでつく心配なし!

小さめサイズ(S)もあるので、女性にはうれしいですね。

2位 ガーゼマスク

【ガーゼ】も、目が粗いので通気性がよく呼吸がしやすい、息苦しくなりずらいです。

なので長時間付けられるというのが特徴です。

ちなみに、

アベノマスクはガーゼ素材の布マスクですが、心持ちサイズが小さいために?通気性がいいので息苦しくないんですね。

スキマが多いので、通気性いいのは納得です。

ただ、ある専門家がアベノマスクのウイルス侵入率は100%と言っていました。 (´Д`)

アベノマスクは置いといて、

他のガーゼマスクもウレタンと同じようにくしゃみや咳などの飛沫を直接吸い込むことを防いだり、ウイルスが付着した物に触れた手で、鼻や口を触ることを防ぐことはできます。

そういう部分ではガーゼマスク着用に意味がないわけではありません。

ガーゼは手作り感があってかわいいプリント柄やすてきな柄があります。

肌の弱い方でも使用できるところがいいですね!

マスク 日本製 洗える レース レディース 在庫あり 布製 布マスク ガーゼ 夏 通気性 軽量 立体 大人 大人用 女性用 おしゃれ かわいい レース生地 ハンドメイド 大きめ 小さめ 水洗い可能 繰り返し使える 痛くない ホワイト 白 MA-004 ゆうパケット対応

価格:1,350円
(2020/7/15 11:14時点)
感想(0件)

レース使用のマスクはおしゃれでエレガント。

デートや友達とお出かけした時などにみんなと差がつくおしゃれ感あるマスクです。

3位 布マスク

【布マスク】も通気性が良く吸湿性もあっていいのですが、汗をかいたときに張り付きやすく息がしにくいと言われています。

ですが、ガーゼと同じく肌が弱い方や 自然派志向の方にはおすすめです。

【楽天ランキング1位】オーガニックコットン 日本製 マスク 大人 1枚 Organic 洗えるマスク 布マスク

価格:1,980円
(2020/7/15 12:00時点)
感想(45件)

肌にやさしいオーガニックのマスクは、わりと大きめでしっかり包み込んでくれるマスクなので安心感があります。

4位  不織布マスク

【不織布】は密度が高いので、夏のマスクの中はかなり暑くなり蒸れます。

もちろん、感染防止を重点的に考えるのなら不織布が一番ですが、夏場の外での使用は熱中症の危険性が高くなります。

なので不織布マスクは、コスパもよく重宝しますが夏場の屋外では危険なので、涼しい屋内などで使用しましょう。

スポンサーリンク

マスクの色で暑さ対策

今やファッションの一部のように、いろいろな色のマスクや柄が出てきていますね。

最近は、をつけている人もちらほら見かけます。

ただ、夏場で使用するのは避けたほうがよさそうです。

は熱を吸収しやすいので、マスクも同様マスク内は汗だくになり蒸れてしまいます。

国立環境研究所によれば、白色と黒色のTシャツの表面温度を調査した結果、 気温35度で5分経過した場合、白色はほぼ変化しなかったのに対し、黒色は約50度まで上昇したという結果が出ました。

マスクであれば、Tシャツのように体温に与える影響ほどではないけれど、表面温度の上昇により、不快感は間違いなく黒の方があるとのことです。

なので、少しでも暑さ対策をするなら【黒】は避けておいたほうがいいですね!

スポンサーリンク

どうせマスクするならきれいに見せたい!

コロナ禍でマスクはしなければいけない必須品となりました。

どうせマスクをしなくてはいけないなら、マスクをしていてもキレイに見せたいですよね!

実はマスクの色で 顔がきれいに見えるのだそう。

それは、明るめの色、中でもうすいピンクベージュが顔色を明るくして、顔をすっきり見せることができます。

他にも、顔をきれいに見せることができる

“小さめマスク” です。

女性は男性より顔が小さいので、マスクをするときは小さめのマスクをしたほうが、顔にピッタリ沿るのでダブついたりスキマがなくなります。

すでに、“顔を小さく見せるマスク”なども販売されているので、いろいろ試して一番自分にしっくりくるものを見つけられるといいですね!

マスクしていても日焼けに注意!

マスクをしていると、マスク焼けしないか心配になりますが、しっかり日焼け止めを塗っている女性が多いかと思います。

ですが、それで安心してはいけません。

実はマスクをしていても、一般的なマスクは紫外線を透過すると言われています。

最近は「UVカット」表示があるマスクもありますので、できたら紫外線を通さないマスクを使用したほうがいいですね。

それでも、顔にムラができないようにマスクの下も日焼け止めをぬっておいたほうがいいでしょう。

夏マスク暑さ対策! 女性に人気のおすすめマスクは? まとめ

この夏はマスクにより熱中症のリスクが上がっているということで、外出する際は、マスク内を少しでも涼しくして、人が2メートル以内にいなければマスクを外したり、十分な水分補給で熱中症のリスクを下げるように工夫してくださいね。

外出の時は、通気性のいいウレタンマスクを使用して、人が密集するような場所や屋内では、気密性のある不織布マスクを使用するなどマスクもシチュエーションによって使い分けすると、いいかもしれません。

そして、女性が涼しげできれいに見せられるマスクは、

  • 通気性のあるウレタン仕様
  • ピンクやベージュ色
  • 顔にフィットしたサイズ(小さめサイズ)

 

という結果になりました。

この夏は、ピッタリなマスクを探して暑い夏を乗り切りましょう!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする