パックン 昔は貧乏で新聞配達していた子ども時代、ハーバード大学出身で現在の年収がスゴイ!




お笑いコンビ パックンマッくんの「パックン」ことパトリック・ハーランさん。

漫才コンビ パックンマックンを結成され、お笑い芸人もされていますが、他にもコメンテーター、英語講師、本の執筆などをされているマルチタレントのパックン

子どもの頃は貧乏だったというエピソードなどもあって、ハーバード大学を出ているというイメージとは逆に苦労人だったというパックンを調べてみました!

スポンサーリンク

パックンのwiki風プロフィール

    引用:ORICON NEWS

名前    パトリック・ハーラン 

生年月日  1970年11月14日

出身地   アメリカコロラド州

身長    184㎝

体重    76㎏

学歴    ハーバード大学比較宗教学部卒業

1993年ハーバード大学卒業後、友人に誘われて日本に来日。

日本に来て最初の2年間は、福井で英語教師をしながら「シベリア寒気団」という謎めいた劇団に入って活動していました。

パックンの父親が舞台演出の仕事をしていて、子供の頃からミュージカルなどに出ていたので、舞台に出るのはその頃から好きだったそうです。

その「シベリア寒気団」でそれなりの反応を得られたので、役者1本でやっていこうと思い上京します。

ですが、あまり大きな役が回って来なかったのです。有名になれば、きっと自分のために役を書いてもらえるチャンスもあるだろうと考えながら仕事を続ける中で、少しずつお笑い芸人へとシフトしていきました。

そして1997年、吉田眞さんとパックンマックンを結成。

日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」や「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名になりました。

スポンサーリンク

昔は貧乏で新聞配達していた子ども時代

引用:http://gree.jp/packn/blog/entry/431893166

パックンの父親はアメリカ空軍の軍人でした。

ベトナム戦争のさなかに生まれたパックン。父親は家に帰れないことも多々あったのですが、そんな両親はパックンが7歳の時に離婚します。ふたり姉弟の姉は父親と、パックンは母親と二人で暮らすようになりました。

母子家庭となったため、家計が貧しくなり10歳から18歳まで新聞配達で家計を助けていました。

実はその前の7歳の時に、サマーキャンプにいくお金がなくて、お菓子を“訪問販売”したことがあるのだそうです。

そのときは、「これを売らなきゃキャンプにいけない!」という一心で、お金を稼ぐという意識はあまりなく、子供時代はとにかく貧しかったので「働いている」とアタマで考えるよりも前に、「働いていた」という行動をしていたのだそう。

10歳から始めた新聞配達は折り込み広告を入れて、輪ゴムでとめて、雨の日はビニール袋にも入れて、1軒ずつ配り、それから学校へ登校していました。8年間この生活を続けてきました。

ピーク時には1人で440軒の家を回ったこともありました。もちろん家計を助けるためです。そのときは毎朝3時半起きをして、7時すぎから授業に出ていました。ほぼ年中無休だったそうです。

高校生の時は、新聞配達と掛け持ちで、免許ももってないのに、工場でフォークリフトの操縦をしていたそうです。(笑)

スポンサーリンク

辛い経験が自分への自信に

引用:http://gree.jp/packn/blog/entry/689328058

パックンは貧乏というコンプレックスをずっと持っていて、家計を助けるために今までいろいろなアルバイトをされてきました。そして貧乏だったからこその経験はたくさんのメリットや人格形成ができた原点とも言われています。

新聞配達を一緒に姉とやっていた時のこと、姉が途中でストライキっぽくなって、その時は、2人分配ったそうです。『自分が配らなければ、お客さんが困ってしまう!』

仕事への責任感みたいなものは、この頃すでに培われていたそうです。

アメフトは父親が試合に連れて行ってくれたりしましたが、高い防具を買ったりしないとできないスポーツ。アメフトをやろうにもお金もなかったので、そこでパックンはバレーボールを選びました。なぜなら人と同じフィールドで闘うと負けてしまうので、競技人口も多くないバレーボールですぐ活躍できました。

モテたくても高い洋服は買えないから個性で勝負。高校3年生の一年は半パンで過ごしたそうです。さらに一年間靴を履かなかったこともありました。コロラドの冬はものすごく寒いけど、『面白いヤツ』と思われようとしていたとか。

『貧乏な生活はしてけれど、自分は恵まれていたと思っている。健康だし、いろいろなことができて、自分に自信も持てた』

『お金がなくてもへっちゃらな自分はかっこいい』という自己肯定感が身に付き、 お金や物に振り回されない価値観をもって生きてこられたとパックンは言っています。

スポンサーリンク

ハーバード大学出身で年収がスゴイ!

引用:https://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20140421/263230/

アメリカでの部活というのはスケジュールが合えばいくつでもいいそうで、パックンはバレーボール・板飛び込み・陸上・体操・合唱団・Jazzバンド・劇団・スペイン語部と、いろいろやっていました。アメリカではオールラウンドの人がいいとされているのだとか。

もちろん大学などで、ひとつの分野に秀でている人も評価されますが、いろんな分野で活動している人も高く評価されるのです。なのでパックンの場合は、いろんなものに興味もあったし、そういう生活の方がパックンには向いていたそうです。

それらの色々な経験もパックンの性格を形成させ運動神経も抜群になっていったのでしょうね。

母親はパックンが高校生までは、宿題の論文を提出前に読んで、修正を指示するほど教育熱心だったそうです。

良い成績を持って帰ると、オーバーなほど喜んでくて、当時の家計は火の車だったのに『好きなピザを食べ放題にしてあげる』と、ご褒美がもらえました。

いつも期待してくれる母親に良い報告をすることが楽しみだったそうです。

★オールAなら、コースディナー

★ほとんどAなら、ピザかレッドロブスター

毎回パックンはいい成績をとっていたそうで、最後の方にはコースディナーにも飽きちゃって
『オールAでもピザでいいや』
となったそうです。

それもスゴイですね! パックンのお母さん!ご褒美作戦、大成功!

そもそもパックンは勉強好きで、宿題はゲーム感覚で、どうやって付加価値をつけようかといつも考えていたそうです。

そして、ハーバードは入れてくれたから入っただけなんだそうです。( ゚Д゚)!

しかも他の大学は落ちたんだそうです!

最初は理科系でハーバードに入学しました。

ですが入学してみると、化学の授業は難しいし、何より理科系は授業や実験にも時間を取られてしまう。そんな生活が耐えられなかったので最終的には比較宗教学を専攻したのです。

4年生が終わる頃には燃え尽きていた。小学校から数えたら勉強してきた期間は長い。もうこれからはどこかに行って別の何かをしたいという気持ちがあったのです。

ハーバード大学出身ではあるのですがパックン自身の出身学部「比較宗教学部」はなかなか役に立たず進路に迷っていました。ただもう勉強をしてきた期間は長いと感じ、一度しかない青春を大学院入試や就職活動に費やしたくないとも思っていました。

そんなときに、大学で日本語を専攻していた友人が、卒業したら一緒に日本へ行かないかと誘いがあり、ちょうどその時期に、所属していたハーバードの合唱団グリークラブがアジアツアーを行っていて、そのついでに日本に残れば飛行機代も合唱団持ちだから、『まぁいいか』と軽い気持ちで日本に来たのがきっかけでした。

やはりハーバード出身というのもあってパックンは頭の回転が速いので、コメンテーターや通訳などで神対応など言われていましたね!

ハーバード出身というブランド力と苦労をされてきたことや、なんにでも興味を持つという性格もあり、来るものは拒まずの精神でやってきたので、なんと仕事は大学講師まで広がったのです。

スポンサーリンク

マルチタレント『パックン』の年収は?

教育、情報番組などに多く出演されているパックン

2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えていて、その講義をまとめた『ツカむ!話術』など著書多数を発行しています。

そんなパックンの年収は推測ですが、

年収2000万円以上 は少なくとも稼いでいる

と思われます。

パックンは投資についても語られているので、投資でも成功しているのでしょう。

パックンは 過去の辛い経験とお金に苦労する母親の姿を覚えているので、お金の大切さを学びそれを活かし、家族に辛い思いをさせないよう仕事に邁進していらっしゃるのでしょう。

しかも都内の2億円の豪邸に住んでいるそうです。

スポンサーリンク

パックン 昔は貧乏、ハーバード大学出身の年収 まとめ

今ではジャパニーズドリームを手に入れたパックン

最近は、お笑いよりも文化人としてよく見るようになったような気がします。

パックンのコメンテーターとしての発言は的確でわかりやすいですよね。

ハーバード大学を出られていて頭がよく、「貧乏」というイメージはまったくありませんでした。ですが、パックンは苦労した過去があるからこそ、知的で人生を切り開く力を培って成功されたんですね。

これからもパックンの前向きに人生を楽しみながら切り開く姿勢を見習いながら、今後の活躍を応援します!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする