サンドイッチマンから社長を頼まれた中村歩はグレープカンパニーの芸能事務所で”歩ちゃん”と呼ばれている人気者社長!

【有吉ジャポン】に2019年度タレントパワーランキングで人気No.1となった芸人、サンドウィッチマンが所属する芸能事務所“グレープカンパニー”の名物社長に密着!

というのが放送されます。

芸能事務所の社長が密着されるなんて、何かインパクトのある方なのでしょう。

その社長の名前は”中村歩”さんという方で、たびたびテレビ出演やインタビューに出られています。

好きな芸人ランキング1位のサンドイッチマンの事務所社長となると、やはり気になりますよね? そんな社長の中村歩さんを調べてみました!

スポンサーリンク

サンドイッチマンから社長を頼まれた中村歩はグレープカンパニーの芸能事務所社長!

                引用:クイック・ジャパンvol.142

サンドウィッチマンが所属するグレープカンパニーという事務所は最近、話題になったのが、高橋英樹・真麻親子が移籍しましたよね。

今でこそ知名度も大きくなってきましたが、実は所属タレント1号がサンドウィッチマンなんです。

芸能事務所グレープカンパニーができるまでの経緯ですが、

サンドウィッチマンは2010年までさまざまな事務所を点々とする売れないお笑いコンビでした。

「フラットファイヴ」という事務所に移籍し、30歳過ぎまで売れず「エンタの神様」で念願のテレビ出演を果たし徐々に仕事が増えていきます。

2007年にM-1グランプリで優勝し、仕事が一気に増えてきました。

その頃、サンドイッチマンの2人は結婚もされ、仕事もプライベートも充実していました。

2010年7月 5年間在籍した「フラットファイヴ」を離れ当時の担当マネージャーとともに

グレープカンパニーを立ち上げます。

なぜなら、フラットファイヴの社長は社長兼漫才師で、ホロッコという夫婦漫才コンビをされていました。

サンドウィッチマンのM-1グランプリの優勝がきっかけでホロッコ漫才活動を休止し、マネージメント業に専念します。

ですが、サンドウィッチマンの活躍に「自分たちも漫才にもっと取り組みたい!」と思うようになり、なんとまた漫才師を再開したのでした。

これによりサンドウィッチマンはマネージメントを失い独立をせざるを得ない状況になったのです。

そこで、サンドウィッチマンが当時のマネージャーとともにグレープカンパニーを立ち上げることになったのです。

そして、業界の中で顔が広いと言われている中村歩さんに”社長”になってもらうようにお願いしグレープカンパニーの社長となったのでした。

以前のフラットファイヴ芸能事務所に所属していた、芸人の永野かみなりなど移籍したのです。

スポンサーリンク

中村歩はグレープカンパニーの芸能事務所で”歩ちゃん”と呼ばれている人気者社長!

      引用:trendnews.yahoo.co.jp

10代からこの業界で働いていた中村歩社長は自然と業界内の知り合いが多くなっていったそうです。

「敵を作らない」という座右の銘を持ち、18歳でイベント会社を立ち上げ今では、

グレープカンパニーを含む4つの会社の経営者です。

大好きな飲み会を多い時は週7でこなし、よく『歩ちゃん、どこに行ってもいるよね』って言われるのだとか(笑)

中村歩社長いわく、「敵を作らない」ことをモットーとしているので、どんな人相手でも自分から拒絶したりせずに、誘われたらどこにでも顔を出すのだそう。

そのため、自然と人脈が広がってそこから仕事の話がもらえたりするので、人脈の大切さを常に意識しているのだそうです。

とにかく顔が広く、人脈がスゴイ!

ダウンタウンやとんねるず、大御所俳優から横綱までとにかく業界では有名な人脈作りの達人なんです。

さらには、レオナルド・ディカプリオ監督のジェームズ・キャメロンを六本木のクラブに連れて行き、翌日もまた遊んだとか…

スポンサーリンク

サンドイッチマンから社長を頼まれた中村歩はグレープカンパニーの芸能事務所で”歩ちゃん”と呼ばれている人気者社長!まとめ

グレープカンパニーは有能な現場マネージャーもいるそうで、芸人からの不満も聞かないし、所属している芸人は『事務所に恩返しをしたい』と話す芸人ばかりなのだそう。

素晴らしい事務所ですね!

中村歩社長の今度の夢は、グレープカンパニーを大きくすることなのだそう。

そして第2のサンドウィッチマン、第2の永野を輩出したいと考えているのだそうです。

この芸能事務所はこれからもっと人気が出る事務所になりそうですね!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする