トランスジェンダー西原さつき かわいい!豊胸ではない巨乳⁈&乙女塾 塾長!

トランスジェンダー界の女神と言われている西原さつきさん!

なぜ女神と呼ばれているのでしょうか? それは本当にキレイでかわいいんです!

そんな西原さつきさんは、どんな方なのか調べてみました!

スポンサーリンク

プロフィール

名前   西原さつき

生年月日 1986年5月24日

年齢   32歳 (2018年8月現在)

出身   愛知県名古屋市

身長   179cm

性別   男→女

職業   タレント・モデル

西原さつきさんは物心ついた時から姓への違和感を感じたそうで、最初の違和感は保育所でした。水着の上半身がないことが嫌だったこと、男女に分かれて整列する時は、女の子側に並んだり、そのころから自分を男だと思ったことはなかったそう。

小学生ぐらいまでは友達もいて、周囲とうまくやれていたとのことですが、中学生になり、第二次性徴で身長が伸び、急に体が男っぽくなったころからふさぎ込み始めました。その頃から、むだ毛の処理も始めたりと、行動が女性っぽかったのでしょう。親御さんが「男らしくしなさい」と言ってくるようになりました。その年代がさつきさんにとって一番つらかったそうです。

スポンサーリンク

ちょうどそのころ、テレビドラマで「3年B組金八先生」で、上戸彩さん演じる性同一性障害の生徒を見て、ご自身もこれだと確信されまました。

高校生の時は、さらに体が男性っぽくなっていくのがイヤで止めたくて仕方なかったそうです。親との関係はますます悪くなり、高校一年の時、家出をし、名古屋市内にあったLGBT(性的少数者)の人が集まるコミュニティー施設で寝泊まりしながら学校に行っていました。

16歳の頃から女性ホルモンを投与し始め、自身の男性ホルモンの分泌量が通常男性の半分
しかないことを知ったそうです。

その後大学に進み、化粧をして、洋服は中性的な格好をするようになりました。

大学後半の就職活動の時に、女性として働きやすい業界を探したのですが、履歴書には正直に男性の名前と性別にも「男」に丸を付けて、スカートにメークをして面接へ行ったそうです。

結果的に、地元のウェブの広告代理店に採用され、営業職で三年働きました。その会社では女性として見てくれて、初めて「人間扱いされた」と感じたそうです。

その後広告代理店を性別適合手術をするために退社。

ホルモン治療をし、さらに手術をして「やっと、悪夢が終わった」と…

「体を変化させるというよりは『元に戻す』という発想。再生する、という感覚

手術が終わって目が覚めた時、うれしくて泣いたそうです。

スポンサーリンク

その年の2013年、タイで行われたトランスジェンダーの世界大会の「ミス・インターナショナル・クイーン」に出場します!

最初、友達からは反対されたそうです。

トランスジェンダーや異性装者の人たちが、周囲からまったく気づかれないことを「完パス(完全にパスすること)」といい、自分の望む性別で完全に社会に溶け込むことを「埋没」と呼ぶそうなのですが、身も心も女性になったさつきさんは、せっかく得た「埋没」生活を自ら手放すことをすることはないと…

ですが、さつきさんは当時、恋愛ですごく悩んでいて、本当に好きな人と付き合って結婚するとして、『子どもを産めない』ということを、いつかは言わなきゃいけない。「じゃあどのタイミングで、どんな顔して『私、元男です』って言えばいいんだろう。デートに誘われた時? 食事に行った時?それとももっと関係を深めた後?」そんなことを考えているうちに、とにかく先に言おう、先に言おうという思いが強くなっていき、それで世界大会に出ることにしたそうです。その結果4位という好結果を出し、2015年には『ミス・インターナショナル・クィーン』の特別賞を獲れたことが自信となりました。

胸カップはいくつ?豊胸じゃない巨乳?! → 次へ