アメリカ・”殺したのはママ”6歳息子が7歳娘を母が殺害したと証言した事件の真実とは?【ワールド犯罪ミステリー】




2007年8月にアメリカ・フロリダ州で7歳の少女がプールで溺死し、

母親が犯人だと6歳の実の息子が証言した事件。

“Mama Dunked My Sister”

「お姉ちゃんを沈めたのはママ」

母と息子の法廷劇は全米が注目した事件でした。

母親が娘を殺したのか…それとも6歳の息子が嘘をついているのか…

この事件を調べてみました!

スポンサーリンク

母親アマンダ・ルイスと娘エイドリアナちゃん 事件概要

       引用:mirror.co.uk

2007年8月8日、アメリカ・フロリダ州で救急車を要請する緊急通報がありました。

通報したのは、アマンダ・ルイス(Amanda Lewis)当時27歳の母親からでした。

自宅の庭のプールで遊んでいた当時7歳の娘エイドリアナ(Adrianna)ちゃんが溺れたというのです。

『救急車を送ってください。 娘がプールに落ちて呼吸していません』

『娘の唇は紫色です。どうしたらいいですか…

 水が鼻から出てきている! 急いでください!』

エイドリアナちゃんは、病院に搬送されましたが帰らぬ人となってしまいました。

この事件は、当初 エイドリアナちゃんの不注意による事故とみられ、娘の事故死により母親のアマンダは世間から同情されていました。

しかし警察の取り調べで息子のAJくん(当時6歳)から衝撃の発言があったのです。

「お姉ちゃんを殺したのはママ!」

それは、母親のアマンダが 故意にエイドリアナちゃんの顔をプールに押し付け溺れさせたという驚きの証言だったのです。

スポンサーリンク

”殺したのはママ”6歳息子が7歳娘を母が殺害したと証言

     引用:www.thesun.co.uk

検視結果は、エイドリアナちゃんはプールに強引に押し付けられたというもので、母親のアマンダは殺人罪で逮捕・起訴されました。

全米が注目する 母親 vs 6歳息子 の裁判では、

検察は娘エイドリアナちゃんへの殺意を主張。

AJくんの証言は、

エイドリアナちゃんが、窓用の掃除スプレーをテレビに吹きかけたのを見たアマンダが激怒し、プールに連れて行き、アマンダがプールの中の虫を取ってきれいにしなさいと怒ったところ、エイドリアナちゃんはそれを取らなかったのでさらに激情し、プールに投げて沈めたというのです。

殺害説を裏付ける額の傷が母の手形と一致しており、AJくんの証言と検視結果が一致してると主張しました。

         引用:www.bizarrepedia.com

母親のアマンダはシングルマザーで特別養護老人ホームで看護師のアシスタントとして夜勤もこなしながら家族3人で暮らしていました。

エイドリアナちゃんは注意欠陥多動性障害(ADHD)という病気を患っており、母親のアマンダは日常的にエイドリアナちゃんの面倒を見ることに疲れきっていたようにも見えました。

実際にアマンダは周囲に「娘の愛し方が分からない」と漏らしていたこともあったそうです。

警察がアマンダの家を捜査したとき、

エイドリアナちゃんの部屋に入ると尿の匂いがきつくおもちゃが1つもなかったそうです。

       引用:www.bizarrepedia.com

警察がこのことをアマンダに尋ねると、

エイドリアナちゃんが自分の部屋を掃除しないので、罰としておもちゃをすべて倉庫にしまったと話しました。

ですが倉庫に行ってみるとおもちゃは1つもなかったのです。

      引用:www.bizarrepedia.com

警察はアマンダエイドリアナちゃんを育てることに疲れ、愛情もなくなっていたのではと考えたのでした。

また、アマンダは16歳の時に男の子を出産しています。

ですが、生後16か月の時に死亡しており、医師の診断で突然の発作による低酸素症との診断が下されている点で懐疑的でした。

この時に死亡診断を判定した医師のチャールズ・シーバートは、過去に疑惑に残る検死を行っており、今回の事件で医師が法廷に出廷する予定でしたが、出廷する寸前に姿をくらましているのです。

このような母親としての役割を十分に満たしていない態度に、アマンダが子供に愛情もなく、育児に限界を感じていたことなどから殺害動機に結び付くと判断したのかもしれません。


一方、母のアマンダは事故死だったと無罪を主張し、弁護士も事故による溺死と主張しました。

AJくんは証言が二転三転としており、エイドリアナちゃんがどのようにしてプールで溺死したのか分からない…と言ったり、自分からプールに滑って入った…とも言っており、質問するたびに異なる事を言っていたAJくんの証言の信憑性に欠けているという点も指摘しました。

エイドリアナちゃんとは、初めは病気との闘いで辟易し絆の悪さに苦しんでいたことを認めたのですが、愛情は時間の経過とともに育んできたと主張をしました。

AJくんが法廷で証言している様子の動画ですが、AJくんは母親のほうを見ているのでしょうか…泣いてしまう場面もあります。

スポンサーリンク

判決

判決でアマンダ・ルイスは、児童虐待と殺人の罪で有罪とし、終身刑が言い渡されました。

陪審員は息子AJくんの証言が決めてだったと語っており、アマンダの弁護士は陪審員が感情に流され証拠を軽く見たと話しました。

アマンダは、息子AJくんを責めるつもりはなく、いつの日か一緒に暮らせることを願っていると話しているということです。

スポンサーリンク

アメリカ・”殺したのはママ”6歳息子が7歳娘を母が殺害したと証言した事件の真実とは? まとめ

当時6歳だったAJくんは、結果どうなるのかというのがわからないまま、見た通りのことを言ったのか、はたまた子供ながらの目線でそのように見えたから言ってしまったのか不明ですが、どちらにしてもどんな母親でも好きに変わりはないのです。

その証拠に、法廷で泣いてしまうシーンはそれを物語っているのではないでしょうか。

これを見て、本当にいたたまれない気持ちになります。

母親が娘を殺めてしまったのが事実なら、それは許されることではありません。

その報いを受けるのは当然のことですが、ただAJくんの心がとても心配でなりません。

AJくんは、新しい家族に養子として暮らしているようですが、幸せに暮らしていることを願うばかりです。

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする