ホクロが顔と全身にたくさんある(500個ほど)マレーシアのエヴィータ・デルマンドはコンプレックスを受け入れ勇気ある行動でミス・ユニバースへ挑戦!【仰天ニュース】




【仰天ニュース】で顔や体全身にほくろが無数にある女性、エヴィータ・デルマンドさんのお話が特集されます。

エヴィータさんは生まれた時から、全身にほくろがあったのですが、女性ならなおさらコンプレックスになりますよね。

そんなエヴィータさんが、世界一の美女を競うミスユニバースに挑戦し、真の美しさとは?ということを問うエヴィータさんの勇気ある行動が注目されています。

そんなエヴィータさんを調べてみました!

スポンサーリンク

ホクロが顔と全身にたくさんある(500個ほど)マレーシアのエヴィータ・デルマンドさん

マレーシア出身の21歳エヴィータ・デルマンド(evita delmundo)さんの顔と体には生まれつき、大小無数のホクロがあります。

エヴィータさんはフィリピン人の母親とマレーシア人の父親の間に5人兄弟の2番目に生まれました。

ホクロだけでなく、首と肩に黒いアザで覆われているエヴィータさんは、幼い頃からいじめられていて、同級生から「モンスター」「チョコチップクッキー」と呼ばれ、酷いいじめに遭っていました。

そして、小学校のころ誰も自分と友達になってくれない状況の中、そんなエヴィータさんを先生が見かね、一緒に仲良くするようクラスメートの女の子2人にお願いしたそうです。

ですが、同じクラスの女の子たちは

『なんでエヴィータを女王様のように接しないといけないのか』

と言ってきたのです。

それを聞いたエヴィータさんは、本当に心が傷つきました。

そして自分にそんなことをしてもらう必要はないと伝えるのです。

エヴィータさんはいつも孤独だったのです。

スポンサーリンク

エヴィータ・デルマンドさんのほくろやあざは何の病気?

子供の頃は、ホクロを除去する施術を受けたいと望んでいたエヴィータさん。

しかし、医師から健康を害する危険が考えられると言われて断念せざるを得なかったというのです。

そもそもエヴィータさんの無数にあるホクロは何の病気なのでしょうか?

エヴィータさんのホクロは『巨大先天性メラノサイト母斑』という病気だと思われます。

出生時に皮膚にでるバースマークです。

薄茶色や黒色色素を持つメラノサイトという細胞が皮膚の真皮と表皮の境目や真皮の中にたまっていくことであざとなります。

それらは体の至るところにあらわれるものです。

数字によると、まれな状態は50,000人の出生に1人の割合で影響を及ぼすと推定されていますが、専門家はそれが不完全な遺伝子によって特定の突然変異だと言っています。

成長に伴い大きくなり、成人時に直径20センチ以上にもなる巨大なものは約2万人に1人の割合で、悪性黒色腫という皮膚がんの原因となる恐れがあるとのこと。

しかしエヴィータさんの奇形は皮膚疾患が原因である可能性があると言われていましたが、専門家は彼女のホクロは普通のホクロであることを確認したのだそうです。

スポンサーリンク

コンプレックスを受け入れ勇気ある行動でミス・ユニバースへ挑戦!

エヴィータさんは、小学校時代はいじめられていましたが、中学校に進学したときには、みんなが受け入れてくれたのです。

それは、少なからずエヴィータさんの母親が学校の教師をしていたため、支えてくれたといいます。

中学時代は、だれからもからかわれたことはなく、初めて普通の人間のように感じたそうです。

そして、エヴィータさんの転機となったのが、16歳の時に教会主催のスピリチュアルキャンプに参加したことで変わりました。

それは、”今の状態が自分の人生で生きることの妨げになるべきではない”と気づいたのだそうです。

エヴィータさんは、自分のバースマークを受け入れ、自分自身を愛することを学びました。

エヴィータさんはゆっくりと自分の独自性を見せる自信を持つようになり、歌のコンペティションなどをにも参加することで、今まで以上に活発になっていきました。

そんなエヴィータさんの友達はエヴィータさんの変化に気付き、支えてくれるようになりました。

ありのままの自分を愛するようになり、自信を持てるようになったエヴィータさんが挑戦すると決めたのがミスユニバースです。

その理由は、

ミスユニバースマレーシアに出るのが夢でした。私らしさをアピールし、新たに見出した自信を試す良い機会になると思う。そして他の誰かを刺激できれば』

と語られています。

さらに、エヴィータさんの”美しさの定義”

『完璧な顔や完璧な体を持っている人ではありません。美しさというのはあなたが人としての人であり、あなたが自分自身をどのように愛しているかです。すべてが完璧というのではないのです。』

2018年6月、エヴィータさんはミスユニバース マレーシアのオーディションに進み、トップ50に入りました!

エヴィータさんの地元では、美人コンテストに参加したという話が広まり、名声を博しました。

エヴィータさんは、美しさの境界を越えてそれを乗り越えることができたのです。

スポンサーリンク

ほくろが顔と全身にたくさんあるマレーシアのエヴィータ・デルマンドはコンプレックスを受け入れ勇気ある行動でミス・ユニバースへ挑戦! まとめ

今では、自分自身を愛し、自信を持っているエヴィータさんは、彼女のことをジロジロ見てくる人や、悪口を言ったり、からかったりする人については、「反論する価値もない」と歯牙にもかけないのだそう。

そんなポジティブな姿勢がネットユーザーに支持されて、彼女の Instagram のフォロワーは急上昇なんだそうです。

エヴィータさんは自分のコンプレックスを乗り越えて、そのポジティブな姿勢が支持されているんですね!

そのポジティブな姿勢でいつまでも元気を与えてくれる存在でいてほしいですね!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする