木嶋佳苗なぜモテる?獄中3度目結婚した理由は?男を虜にする魅力とは?【平成の悪女】




【首都圏連続不審死事件】といわれる事件は、決して美人とは言えない木嶋佳苗が、

婚活を利用して複数の男性に1億円近くを貢がせ、男性3人を殺害した事件です。

木嶋佳苗2017年に死刑判決が確定しています。

そして最近話題になったのが、これまで3度の獄中結婚をし、

しかも3度目の結婚相手は「週刊新潮」のデスクということで、想像するには木嶋佳苗の魔力に引っかかったか…もしくは…

なぜそのルックスでモテるのか世間では不思議がられていますが、とにかく誰もが興味を引く内容です。

次から次へと男性が引き寄せられる木嶋佳苗はなぜモテるのか…?

スポンサーリンク

木嶋佳苗 首都圏連続不審死事件 概要

【松戸市の70歳男性不審死事件】

2007年8月、千葉県松戸市の自営業の男性(当時70歳)が自宅のお風呂場で死亡。

死因は不明。木嶋佳苗に貢いだ金額は約7400万円。

【青梅市の53歳男性A不審死事件(起訴事案)】

2009年1月30日~1月31日の間に、東京都青梅市の会社員男性A(当時53歳)が死亡し、

2月4日に発見。死因は一酸化中毒死。

死亡直前に会社員男性Aの銀行口座から木嶋佳苗の銀行口座に計1700万円を振り込まれていた。

【野田市の80歳男性B不審死事件(起訴事案)】

同年5月15日に千葉県野田市の男性B(当時80歳)が自宅で死亡。

男性B宅から出火し全焼。遺体近くの和室で練炭数個を置かれて、死因は一酸化炭素中毒死。

Bの父は著名な画家であり、家にBの絵を盗んで高価な値段で売っていたが、Bは父の絵が無くなったことについて木嶋佳苗を疑わず、親族を疑っていた。死亡直後に、木嶋佳苗はBの銀行口座から約190万円を引き出した。

【千代田区の41歳男性C不審死事件(起訴事案)】

同年8月6日に東京都千代田区の会社員男性C(当時41歳)が埼玉県富士見市の駐車場にとめたレンタカーの中で死亡。死因は一酸化炭素中毒死。

木嶋佳苗会社員男性Cに対して結婚する気があると装って、約470万円を受け取っていた。

【その他】

死亡日が不明だが、2件の男性(関東地方在住)の不審死がある。

引用:Wikipedia

スポンサーリンク

獄中3度目の結婚した理由は?

死刑判決を言い渡された木嶋佳苗ですが、なんと獄中で三度の結婚をしています。

逮捕する前も何人もの犠牲者を出しているにも関わらず、また木嶋佳苗の魅力に取り憑かれた人たちがいるとは…正直驚いてしまいます。

最初の獄中結婚は2015年。

都内の不動産会社に勤務する60代の会社員。

2年前から手紙のやり取りを10回ほどしていたという2人は、2014年11月に木嶋佳苗のほうから「恋人になってくれませんか?」と切り出し交際がスタートしたといいます。

2015年3月2日に婚姻関係が認められたのですが、

その後、相手の男性が飲酒運転で交通事故を起こしてしまいます。

男性が入院した事により金銭的支援が不可能になったため、2016年9月に離婚

2度目の獄中結婚は2016年。

逮捕前から知り合いだった男性。

離婚をすると、再婚までに100日を要しますが、木嶋佳苗は前の夫との離婚から100日経ってすぐに2人目の夫と入籍しています。

そしてなんと!ここで最初の夫がまた現れます!

事故の怪我から復活した元夫は、経済的支援が再度できるようになったため、再婚の翌日に木嶋佳苗養子縁組をくみ、養父となりました。

3度目の獄中結婚は、2018年1月。

既婚者だった「週刊新潮」のデスク。

40代前半で、記事を執筆するデスクの中でも、編集長の右腕でナンバー2的存在だったというこの方は、木嶋佳苗“遺言手記”を担当していました。

これには、どれほど木嶋佳苗の魔力が本物なのか…と誰もが信じられない思いを抱かされましたが、何かいわくつきの結婚のようで何だか匂います…

その男性は、

『彼女の記事を手がけた後、死刑が確定するという流れがあって、取材者と被取材者の関係を超えて思いが募った。

相手をもっと知りたいと思った時に、手段として結婚の形をとる方向に傾いていったのです。

今も悪くない関係だと思いますし、結婚に後悔はありません。』

ということらしいです。

ですが、3度目の獄中結婚は仕事の延長線上と捉えている方もいます。

死刑確定者は家族と弁護人以外は、基本的に面会も手紙のやりとりもできなくなるため、死刑確定者と接点を持つためには、養子縁組や結婚によって家族になるというのは珍しくない。

死刑囚側からすると、心理的行動として、

「人から必要とされていることで安心できる、孤独感を消失させ自分の生きている価値を見出すために、自分の存在価値を示す」

そのため、社会との隔絶を避けるための対処法として、支援してくれる人間と養子縁組や結婚という形で対処する。

和歌山カレー事件の林眞須美死刑囚も、附属池田小事件の宅間守死刑囚(既に執行)もそのような対処をしていたのだそう。

上記の場合は、愛云々よりお互いメリットのあるwinwinの関係というのでしょうか。

養子縁組や結婚という型にこだわらなければ、プラスになることのほうが大きいので、このような形をとる方達もいるのでしょうね。

果たして、3度目の獄中結婚の真相はどちらなんでしょうか?

木嶋佳苗の執筆物の独占、著作権料が目的か、はたまた愛なのか…

妻子がいた男性が、木嶋佳苗と結婚するために離婚するまでのことなのか…

スポンサーリンク

男を虜にする魅力とは?

木嶋佳苗をよく知る人は、とにかく女子力が高いと言っています。

人は見た目ではないと言いますが、容姿以外の部分を完璧にすることで、多くの男性を虜にしてきた木嶋佳苗は体現してきたのです。

信憑性がありますよね。

では、どんなところが女子力が高いと言われる所以なのか…

●声が綺麗

喋り方や言葉遣いは叶姉妹を模倣していたという木嶋佳苗

婚活サイトで出会った男性とは必ずメールだけでなく電話もまめにしていたようで、更には男性が喜ぶような言葉を選ぶ天才とまで言われ、自分の武器を最大限に活かしていました。

●文字が達筆

木嶋佳苗は、字が達筆という武器も持っています。

字は性格を表すとも言われていますが、字が綺麗というのは「誠実そう」「育ちが良さそう」という印象を与えることができます。

美しい字を見ると「心も綺麗な人なんだろう」と錯覚しそうになります。

●料理が上手

木嶋佳苗は料理が得意分野でした。

男性から貢がせたお金で、高級住宅地にある料理学校「ル・コルドン・ブルー」に通っていました。

●所作に品がある

木嶋佳苗は、声や字だけでなく、立ち居振る舞いも美しいと言われています。

所作や姿勢がとにかく美しく、仕草や優雅さで感じもよく、上品な雰囲気を醸し出しているそうです。

相手の共感的理解が優れている

木嶋佳苗は相手が知ってほしいことを先回りして理解し的確に質問ができるのです。

そのため、男性は自分のことを良く理解してくれているという錯覚に陥り、男心をくすぐられるのでしょう。

奥手そうな男性を狙う

木嶋佳苗から被害に合った男性たちは、高齢だったり女性にあまり縁がなさそうな方だったりと、どちらかというと女性からは対象外的な奥手の男性などを狙っていたようです。

自分の容姿も含めて確実に落とせる人をターゲットに絞ってアプローチをしたのでしょう。

奥手な男性たちは、これまで出てきた声や美文字、所作の美しさを最大限利用したことによって、木嶋佳苗は美化され、実際に会ってイメージと違っても、そんなのは何も障害にならないくらい想いが募っていたと考えられます。

なので木嶋佳苗は容姿関係なくモテるというわけなんですね。

スポンサーリンク


木嶋佳苗なぜモテる?獄中3度目結婚した理由は?男を虜にする魅力とは? まとめ

木嶋佳苗が注目されるのは、とりわけ容姿端麗でもなくなぜか男性にモテるというその魔力が何なのかというところに興味を持つのでしょう。

「女は見た目じゃないってことは本当なのか」

「恋愛能力がマジですごい」

「頼むから婚活本か恋愛本を出してくれ!」

などネットでもその『モテ力』に衝撃を受けたようです。

ですが、木嶋佳苗の欲のために犠牲になった方達のことを思うと、やるせない気持ちになります。

獄中結婚など今回話題になりましたが、それより少しでも罪の重さを反省して欲しいところです。

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする