にきびをつぶすと死んじゃう?命の危険がひそむニキビつぶしは絶対ダメ!蜂巣炎やニキビの対処法は?【マサカの映像】




”思春期ニキビ”は10代にとっての悩みのタネですが、

20代以降も”大人ニキビ”といって、ターンオーバーの乱れで、古い角質の毛穴詰まりが主な原因でできてしまいます。

女性なら化粧でごまかせますが、それでも素肌を常にキレイにしておきたいですよね!

ニキビができると、どうしてもつぶしたくなってしまいますが、

実はニキビをつぶすと命に係わる可能性があり、かなり危険だというのです。

実際にニキビをつぶして大変な思いをされたアメリカ在住のケイティさんが体験した話が一時話題になりました。

ケイティさんが体験したこととはどんなことだったのか調べてみました!

スポンサーリンク

にきびをつぶすと死んじゃう?命の危険がひそむニキビつぶしは絶対ダメ!

                           引用:Facebook

2年ほど前、アメリカテキサス州に住む当時21歳のケイティ・ライトさんは眉毛の近くにできたニキビが気になって仕方なかったため、そのニキビをつぶしたのが悪夢の始まりでした。

すると1時間くらいしてから、みるみる顔が腫れあがり、激痛が襲ったのです。

耐えられないくらいの腫れと痛みに襲われました。まるで、熱い炭が、肌から飛び出てくるような感じだった。

顔の中で何かが起きて破裂するんじゃないかと思えるような痛みで、緊急病院に行って診てもらったら、ひどい蜂巣炎(ほうそうえん)だといわれました。

ですが、重篤になる場合もあるということで、感染元がケイティさんの顔にあったので、それが脳に広がる危険性や、失明する危険性もあったといいます。

しかし幸いなことに、ケイティさんはすぐに病院に行き、何らかの損傷が起こる前に治療を受けたので事なきを得ました。

実は、今回の感染の原因はどうやらおしゃれ好きなケイティさんが毎日1時間かけて化粧をしているのですが、その眉毛ブラシが原因だと考えているようです。

ケイティさんは、ほかの化粧道具を洗うことには細心の注意を払っていたそうですが、眉毛ブラシだけは洗っていなかったそうです。

このようなことは、誰にでもあるえるとケイティさんは警告しています。

その後、さらにケイティさんは蜂巣炎とその薬の1つに対するアレルギー反応からさらなる合併症を治療するために多額の医療費請求に直面したそうです。

スポンサーリンク

ニキビや蜂巣炎(ほうそうえん)の対策は?

ニューヨーク州立大学ダウンステート・メディカルセンター皮膚科学臨床学助教授であるジェシカ・クラント博士は、蜂巣炎を軽く考えてはいけないと話しています。

とは言っても、ニキビ蜂巣炎の違いはあるのかというのが疑問になりますが、蜂巣炎は他の皮膚疾患と見分けるのが難しく、そのためニキビと間違えられやすいのだとか。

ジェシカ・クラント博士は、

蜂巣炎を見分けるのは、簡単ではありません。

そのため、多くの医師が、過小診断したり、逆に過剰診断したりします。

普通あまり経験しないような、深くて痛みを伴う腫れが起きた場合、蜂巣炎じゃないかと疑ってかかることが大切です。

特に顔に出来た場合はそういえます。

では、顔にできた吹き出ものが明らかにニキビだったとしても、つぶすのはお勧めできない理由は、

皮膚にできた吹き出ものをつぶすと、バクテリアが1カ所から他の場所へと広がる危険性が高まり、その結果、炎症性物質が下層組織にまで広がり、蜂巣炎になるリスクが高まる

とジェシカ・クラント博士は話されています。

それでも出来てしまったニキビが気になるようでしたら、

●スキンケア化粧品を使う

●市販の外用薬を塗る

●市販の内服薬を飲む

●病院でにきび治療を受ける

とにかくニキビはつぶさないようにすることが重要です。



にきびをつぶすと死んじゃう?命の危険がひそむニキビつぶしは絶対ダメ!蜂巣炎やニキビの対処法は? まとめ

ケイティさんが体験した危険なニキビつぶし。

たいていの人がニキビをつぶしてしまうのではないでしょうか。

もしくは他の人のニキビが飛び出すビデオを見るのが好きな人もいます。

ぷっくりと腫れているニキビの芯を出すのは、スッキリするし、気持ちいいし、早く治るような気もします。

ですが、本当に命を脅かすような感染症がいつ何時なるかもしれないリスクがあるのです。

まずはリスクを少しでもなくすためにすぐできることは、化粧などで顔につけるブラシ等は常に清潔に保たなければいけないですね!

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする