高野人母美のプロフィール!美人ボクサー兼モデルは整形美人で体は男性化してる?

モデルでもありプロボクサーでもある高野人母美(たかの ともみ)さんをご存知ですか?

9頭身のスタイル抜群でモデルをしながら、ボクシングにはまりプロボクサーにまでなってしまった方です。

過去に、モデルにとって顔を傷つけてはいけないのにも関わらず、ボクシングで顔面崩壊してしまうほど凄まじい試合をされている高野人母美さん。

そんな高野人母美さんを調べてみました!

高野人母美さんのwiki風プロフィール!

    引用:サンスポコム

名前         高野 人母美(たかの ともみ)

モデル名   TOMOMI

出身地    東京都

生年月日   1987年6月12日

身長 / 体重  177 cm / 50 kg

高野さんの名前は珍しく読めない方も多いのではないかと思います。

高野人母美さんの名前の由来は「人より母より美しく育って」という両親の想いが込められているそうで、名前にしては珍しい漢字を使われていますね。

中学3年生の時に趣味でキックボクシングを始めた高野人母美さん。

高校在学中に竹下通りでスカウトされグラビア活動をスタートします。

卒業後モデルとしてデビューされ、海外のファッションショーにも参加していました。

2010年に友人に誘われてボクシングの試合を見に行き、そこでボクシングに魅了され、それがきっかけでアマチュアボクシングを始めます。

それから3年後の2013年にはプロボクサーとしてデビューをします。

高野人母美さんは美人ボクサー兼モデル

View this post on Instagram

#replay #kanez #model #jeans #replay #fit #fitness #肉体美 #肉体 #身体  #腹筋 #gym #photo #photoshoot #kaenz #撮影 #sexy #cool #hot #Japanese #tokyo # @maitoo

Tomomi Takanoさん(@tomomitakano7)がシェアした投稿 –

そうしてモデルをしながらプロボクサーという二足の草鞋を履いて【モデルボクサー】となりました。

高野人母美さんはモデルをやっているだけあってスタイル抜群!それを活かしボクシングの試合前日の計量時に毎回ド派手なパフォーマンスをしていました。

ウエディングドレスや花魁、アバターのコスプレをしたり、全身にタトゥ―ペインティングしてみたりと、インパクトのあるパフォーマンスでとても印象的でしたね。

タトゥーのペインティングは3時間要したそうです。

アバターは5時間を要したそうです。

高野人母美さんはボクシングはエンターテインメントと思っているので、面白いことをやってニュースになれば女子ボクシングが盛り上がるのではないかと常に考え、「自分にしかできないことをやる」というのをモットーに、計量時のパフォーマンスを派手にしていたそうです。

そんな中、実力もさることながら2015年には第2代東洋太平洋女子スーパーバンタム級の王者に輝きます。

整形美人で体は男性化してる?

          引用:東スポ

高野人母美さんがプロ6戦目で初黒星を喫した女子スーパーフライ級6回戦でカイ・ジョンソンと激戦した際、最後にスタミナ切れでコーナーに追い詰められて、メッタ打ちにされ、強烈なパンチをもらい鼻が一瞬変形、眼はうつろ、美しい顔がはれ上がりレフェリーが止めに入りました。

モデルもこなす美貌の持ち主なのに、殴られている写真は「美人ボクサー顔面崩壊」と言われていました。

確かに、鼻は完全にいっちゃってます。

ですが、高野人母美さんはこの顔面崩壊している写真を見るたびに恥ずかしいと思わず、カッコイイと思っているんだそうです。 まさに奇跡の1枚!

鼻が折れていて曲がったままですが、今すぐ治しても、また殴られるかもしれないので今はイジれないのだそうです。

なので、素の顔はナチュラルですが、今顔をいじってもボクシングをやっている限りは整形できないのです。

鼻は、今では見た目に違和感なく、しかもスッピンがきれいなので、整形する必要はないかと思いますが、現役生活が終わったときには全部整形して新しいスタートを切りたいのだそう。

高野人母美さんの最近は?

引用:https://beauty.oricon.co.jp/special/100654/

2017年11月に突如、所属先の協栄ジムを辞め、日本ボクシングコミッション(JBC)も引退し、単身渡米をしました。

以前、一度引退宣言をしたのですが、撤回しています。

ですが、今回は3年間の契約が切れたためではあるのですが元々、協栄ジムに対して不信感があり、「早く辞めたい」と考えていたとのこと。

その内容はお金の問題です。

「ファイトマネーは20万円分のチケットで支払われていました。それを自分で売って現金にするのですが、売上の33%はジムに納める決まりで13万円ほどしか手元に残らない」

ただし、これ自体は業界では一般的なため、問題とは思わなかったが、

「不信感が募ったのはスポンサー料のこと。高野人母美さん自身が取ってきた契約は半分をジムに徴収されるのに、逆にジムが取ってきたものは、“古い付き合いだから料金は貰っていない”などと言い、1円も渡してくれないのです。支払いが遅れることも度々あった」

さらに驚いたのは、

「試合相手の渡航費を負担しなければいけない。タイの選手を呼ぶのに47万円が必要だと言われました。選手がお金を払って試合をするなんておかしい。他のジムの選手に聞くと、あり得ないと言われた」

単身渡米をしたきっかけは、偶然知り合った人の息子がロス在住のアマチュアボクサーだと知り、縁を感じて渡米を決意したのだそう。

ですが、4日後にアメリカに渡り、頼りにしていたその人物と音信不通になってしまったそうです。

そこで、高野人母美さんは途方に暮れるのではなく、ハリウッドで一番有名なボクシングジムを調べて“アポなし”で行き、今でもそのジムで練習に励んでいるそうです。

高野人母美さんは渡米した当時、53キロだった体重も10キロ増えたそうです。

食事やトレーニングで筋肉量を増やしました。

今は体脂肪8%生理も止まっているし、友人からは『後ろから見たら男だよ』と言われているそうです。

もう体は男性化してるみたいです…それでも勝てる強い体がほしいのだそう。

アメリカのボクシングライセンスを取得し、現在はアメリカ・ロスを拠点に、プロボクサーとして活動されています。

高野人母美さんのプロフィール!美人ボクサー兼モデルは整形美人で体は男性化してる? まとめ

モデルボクサーとして、いろいろ話題を振りまいていた高野人母美さんでしたが、本当にボクサーとして強くなりたいという願望が行動力を促し、体が男性化しても一人でアメリカで努力する姿は並大抵の気持ちではできません。

目指すはやはり『世界チャンピオン』ということで、夢が叶うといいですね!

ただ、モデルとしては「筋肉がありすぎるので、服が入らないからできないかも」ということですが、できるなら今後もモデルボクサーとして話題を振りまき続けていってほしいと思います!

スポンサーリンク
336




336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336