上田美由紀(鳥取連続不審死事件)ブスで嘘つきなのになぜモテる? 6人の男たちがお金を貢ぎ上田にハマった魅力とは?家族や子供は?

鳥取連続不審死事件(とっとりれんぞくふしんしじけん)とは鳥取県でおこった連続不審死事件です。

元スナックホステスであった上田美由紀(2009年当時、35歳)の周辺で6人の不審死が起こり、注目された犯人です。

2010年1月に上田美由紀は強盗殺人罪で逮捕され、最終的に2人を殺害した罪で起訴され、死刑判決が下されました。

スポンサーリンク

上田美由紀 鳥取連続不審死事件 時系列

【2004年5月13日】

上田美由紀の交際相手だった42歳の読売新聞鳥取支局に勤めていた男性記者(家族を捨て上田と同棲)が、段ボールに詰められた状態で鳥取市内で列車に轢かれる事故が発生しました。

段ボールには「出会って幸せだった」などのようなことが書かれており、鳥取県警は文面の様子などから遺書と判断、自殺と処理し、司法解剖などは行いませんでした。

この男性記者は上田美由紀と金銭トラブルがあり、同僚などからたびたび借金をしていたそう。

【2007年8月18日】

上田美由紀の家族と共に貝を採りに、鳥取砂丘近くの海岸に出かけた27歳の警備員だった男性海で溺れ、泳げなかった男性は搬送され10日後に死亡。事故として処理されました。

その男性とは、2001年頃にスナックで知り合い、2005年頃から同居していたが、まるで軟禁状態だったようで、上田美由紀が出かけているときは、手足を縛られてたり、熱湯をかけられていたりしていたという。

【2008年2月】

鳥取市郊外の山中で交際していた警察官だった男性の首吊り死体が発見されました。

この警察官の男性は上田美由紀が働いていたスナックの常連客で、2人の間で金銭トラブルがあったそう。

 【2009年4月11日】

北栄町沖の日本海の沖合で47歳トラック運転手の矢部和美さんが遺体で発見されました。

トラック運転手がお金を返すように要求(270万円)し、上田美由紀は返金すると誘い出し犯行。

遺体からは睡眠導入剤のほか、肺からは砂が検出されるなど不自然な点が多く、事件の可能性が高いと捜査を開始します。

【2009年10月7日】

電気店経営の丸山秀樹さんが自宅から約4km離れた鳥取市内の摩尼川にて、うつ伏せの状態で発見されました。

丸山秀樹さんの遺体が発見された事件現場は、決して溺れるはずのない”水深20cm”程度の浅い川で、第三者に顔を押しつけられた可能性が高いということで、上田美由紀が容疑者に浮上したのです。

前日、丸山さんは家族に「集金に行く」と言い残し、車でどこかへ出かけているのです。

【2009年10月27日】

上田美由紀と同じアパートに住んでいた男性の田口和美さんが、急な体調不良で急逝します。

同年9月に、田口さんは上田美由紀の車を借りて運転していた最中、鳥取駅前で乗用車と衝突事故を起こしてしまいます。

その際、上田「相手と示談する」と言い、田口さんから8万円を受け取りますが、話し合いは一向に進展せず、結局田口さんは示談で揉めることとなりました。

その1ヶ月後、田口さんは昏睡状態になってしまいます。

田口さんは上田美由紀のスナックの常連客であり、彼女に自宅の鍵を預けていたのだそう。

スポンサーリンク

上田美由紀はブスで嘘つきなのになぜモテる?

太っていて決して美人ではない上田美由紀と交際した人たちは、記者や警察官など仕事と家庭を持っていて、恵まれた環境にある人も多かったにも関わらず、うそで固めたような上田美由紀という女になぜ次々と吸い寄せられていったのでしょうか。

「あのコは鼻が利いた。自分を気に入るオトコを一発で見抜くんだよ」

上田美由紀を知る知人は話しているという。

ようは、上田美由紀が気に入った男性に言い寄ったところで、あの容姿からでは確実に断られるところを、自分のことを好いてくれそうな人を見抜き近寄れば、当然、関係上では上田美由紀が優位に立つことができます。

スポンサーリンク

6人の男たちがお金を貢ぎ上田にハマった魅力とは?

なぜ上田美由紀に惹かれたのか…

上田美由紀に会うまでは、子煩悩で仕事熱心だった男性達が、上田美由紀と交際をはじめると、様子を一変させてしまったのです。

職場を無断欠席、妻子を捨て上田美由紀の元に行き、彼女の言うがままに多額の金を貢いでいく。

そして男性たちは一様に「美由紀に癒された」というのです。

「キライではなかったよ。可愛いところもあったしな」

「子供をダシに使うんや。アイツの子どもにオレのことを“お父さん、お父さん”って呼ばせよる。そりゃ、こっとも悪い気はせんやろ。“お父さん、一緒に暮らそう”とか、“お父さんとお母さんは結婚しないの?”なんて言われればな、こっちはホロっとくるがな。それにアイツ、子どももたーくさん育ててるしなぁ」

「ああ見えて無邪気なところがあって、子どもみたいにジャレついてきたり、可愛いらしい手紙なんかもマメに書いてきたしな」

「若い女にそんなことされりゃ、男なら誰だってうれしくなるやろが」

以前、上田美由紀と付き合っており、妻子を捨てた70歳近い男性の証言。

同じく妻子と別れ、上田美由紀と4年間交際を続けた40代の男性は、

「(夫婦仲が冷めるとか、不和とか)そういうとこにスッと入り込んでくるのがウマいんだわ」

「(メールも)ものすごい送ってきたで。それに女1人で何人もの子どもを育てとるわけじゃん。その子どものことなんかタテに取られると、やっぱりホロッとくることもあるしな」

「とにかく男を立ててくれる。居心地のいい空間、居心地のいい空気っていうか、そんなんをつくるのがうまいんや」

「出かけた先で知り合いなんかに会ったりすると、“うちのもんがお世話になっています”って、きちーんと挨拶する。正月に上司の家に行くっていえば、“あんた、手ぶらじゃいけん”とかいって、ちゃーんと土産を用意してくれたりとかな」

「後輩と飲みにいくっていえば、財布の中に黙って二万とか三万、それなりのカネを入れといてくれたりとかな」

『礼儀正しく、男を立てる居心地のいい場所を与える

上田美由紀ときに、一人芝居で架空の「妹」を登場させたり、妊娠した三つ子を小さくする薬でおろしたなど、誰もが嘘だとわかることを平気で言いのける「大ウソつき」だったという一方で、可愛いらしさや、女手ひとつで5人の子どもを育てる姿に、「心を打たれ、情のようなものを抱いた」という女性としての魅力があるというのです。

スポンサーリンク

上田美由紀の家族や子供は?

上田美由紀の生い立ちから見ていきましょう。

今の美由紀とソックリの厚化粧した母親と土木作業員の父親、5歳年上の兄の4人家族。

父親は物静か、母親はと言うと、殴ることがあったり、怒鳴ったりすることもあり、激情型だったようです。

上田美由紀の父は早くに亡くなったので、叔父が父親がわりをしていたそうです。

その中で、美由紀は小学生から手が付けられない悪ガキで、隣家に勝手に上がりこみ、モノを壊す、盗む――は当たり前、学校では親分気取りで友達に命令ばかりし、嘘をすぐつくので信頼されていなかったようです。

地元では『あの家に近寄るな』と煙たがられる一家だったようです。

上田美由紀は地元の大栄中を卒業し、その後この土地を離れました。

大阪で10代後半に『自衛隊関係者』と結婚したのですが、父親が亡くなった頃に離婚
2人の子どもを連れて実家に戻ってきました。

さらに地元で会社員と再婚し、2人の子どもが生まれたのですが再び離婚します。

その頃から、ホステスとして働き始め、店で知り合った新聞記者や警察官などの常連客を落としてお金をむしり取っていくのです。

上田美由紀には5人の子供がいて、当時なんと生活していたアパートは、今はあまり見ることがないくみ取り式のトイレがある家賃2万5千円家でした。

そのアパートはゴミ屋敷だったのです。

上田美由紀が5人の子供と住んで居たゴミ屋敷と呼ばれていたアパートは、家に入るとゴミが散乱していて、足の踏み場もないような状態だったそうです。

8畳間と4畳のキッチンだけの足の踏み場もない部屋。

家の周囲にも捨てられていないゴミが積んであり、室内も家宅捜索に入った捜査関係者が仰天するほどのゴミ部屋状態。

ものは散乱し、食事の食べたままの鍋が洗いもせず放置され、その部屋のゴミの山の中で生活してた上田美由紀だったが、料理をほとんど作っていたかったそうなので、かなり昔からゴミ屋敷だったようです。

そのため、朝早くからコンビニに行き、おにぎりを20個買って子どもに食べさせていたようです。

室内で土佐犬など犬3頭と、猫5匹を飼っており、とても一般常識が通じる相手ではないのが想像できます。

5人の子どもについては、現在どこにいるのかも、何をしているのかも分かっていません。国によって保護された生活を送っていることでしょう。

スポンサーリンク

上田美由紀ブスで嘘つきなのになぜモテる? 6人の男たちがお金を貢ぎ上田にハマった魅力とは?家族や子供は? まとめ

美人でないのにモテる…魔性の女とはまさに上田美由紀のような女のこと。

上田美由紀の嗅覚が優れているからこそ、上田美由紀の言いなりになって家庭をも壊し、お金を貢がせ、大ウソつきとわかっていても女としての魅力が男性達を不滅に追い込むパワーがある…なんて強力で恐ろしい女なんでしょう。

ですが、上田美由紀がやっていた男性が女性に惹かれる

『礼儀正しく、男を立てる居心地のいい場所を与える

というのは、全女性が持ち合わせていてもいいものではないかと思います。

上田美由紀は2017年7月最高裁で出された判決で死刑が確定されました。

今はまだ執行されていません。

スポンサーリンク
336




336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
336