生まれて10日後に火事で焼死した娘デリマールが6年後発見!母親執念の捜索、実は誘拐だった⁈犯人は?(アメリカ)

【土曜プレミアム・目撃!超逆転スクープ4】にて、

アメリカで起きた、母娘の奇跡の再会ミステリーが放送されます。

1997年アメリカ・フィラデルフィアに住むルースペドロの夫婦に、デリマールという女の子が生まれました。

しかし、わずか10日後にルースの自宅で火災が発生します。

2階の寝室が全焼し、ベビーベッドで寝ていた娘デリマールが焼死するという悲劇が起きてしまいます。

ですが、母親ルースは誘拐されたと思い、生きていると信じたのです。

いったいどんな事件なのでしょうか?

この事件を追ってみます!

スポンサーリンク

生後10日 火事で焼死した娘デリマール

1997年12月15日、アメリカ・フィラデルフィアに住むルースペドロの夫婦は、

デリマールという女の子が生まれたばかりでした。

すでに2人の兄がおり、5人家族は幸せに包まれていました。

デリマールは笑うとえくぼができる可愛らしい女の子でした。

その日は、生まれたばかりの赤ちゃんを一目見ようと、夫ペドロの母親や、いとこのキャロリンが家に遊びに来ていました。

そして偶然にも、初対面だったいとこのキャロリンルースと同じ日に女の子を出産したと語っていました。

午前7時ごろ、デリマールが寝ていた2階で爆発音があり、その後すぐに火の手があがりました。

ルースは慌てて2階にあがり、デリマールが寝ている寝室に向かいますが、寝室はすでに炎に包まれ見つけることができませんでした。

デリマールが寝ていた部屋は全焼し、消防は「赤ちゃんの遺体は燃え尽きた」と断定、警察も「死亡」と断定したのです。

                   引用:extra.ie

地元テレビ局が捉えた映像では、消防士が小さな黄色い包みを大事そうに運んでいました。

誰もがデリマールだと悟った映像だったのです。

                 引用:フジテレビ

火災の原因は、暖房器具と警察が発表。

家族が悲しみに暮れる中、母親のルースだけが

「あの子は生きている!誰かに誘拐された!」

と声を上げたのです。

スポンサーリンク

母親ルース 執念の捜索!

母親ルースには2つの疑問がありました。

火災があった当日、

季節は冬の12月、寝室の窓は閉めていたはずなのに、窓が開いていたこと。

炎の中で見たベビーベッドにデリマールがいなかったこと。

ルースは、どうしても娘が火事で死んだとは思えず、何者かが火をつけ、デリマールを連れ去ったと直感的に思ったのです。

ですが、死亡と断定された以上くつがえることはなく、ルースの周囲は誰一人相手にしませんでした。

ヒーターをつけたことが火災の原因となったことで、その後ろめたさがルースの心を追い詰めていると周囲は思ったのです。

そして誰もが、悲しみのあまりルースの精神状態がおかしくなってしまったと考えたのでした。

警察にデリマールの捜索を依頼しても、まったく取り合ってもらえず、スペイン語しか話せないルースは、世間に訴えることもままならなかったのです。

火災から4年が過ぎ、次第に夫のペドロとの間にも溝が生まれ家を出ていきました。

ルースの主張を信じてくれる人は誰一人現れることはなく、ますます孤立していったのです。

                     引用:fabiosa.com

火災から6年が過ぎたころ、別れた夫ペドロから電話がかかってきます。

その内容は、知り合いのパーティで、ルースと自分にそっくりの女の子を見たという連絡でした。

ルースデリマールが生きていると信じた6年間で初めての情報でした。

ルースはその少女がやってくるというパーティーに駆けつけ、そこで出会った1人の女の子が直感で娘だと確信したのです。

女の子の名前はアリーヤといい、デリマールと同じように笑うと”えくぼ”ができたのです。

ルースは、本物の親子であると立証するために女の子に近づきました。

ルースはちょうど事件捜査にDNA型鑑定が導入されたことを思い出し、

DNAサンプルを入手するためアリーヤ

「髪にガムがついているわ」

と言って、髪の毛をとりました。

ルースはその証拠を警察に提出し、鑑定をお願いしました。

しかし警察は捜査対象ではない人間の鑑定を受け入れてくれず、自費による専門機関での鑑定は高額すぎてルースには払うことができませんでした。

しかも当時のDNA検査では、毛根がないと検査はできなかったのです。

途方に暮れていたルースが町を歩いていると、選挙活動中の州議会議員、エンジェル・クルーズが目に飛び込んできました。

もしかしたらという希望をもって、

「自分を助けてほしい。話を信じてほしい」

と直談判をしたルースの情熱は、州議員の心を動かしたのです。

エンジェル・クルーズ議員はすぐに検察へ事件の再捜査を依頼し、警察がデリマール捜索に再び動き出したのです。



娘デリマールを6年後に発見!実は誘拐だった?犯人は?

そして、6年前の火災の再検証で、さまざまな事実が明らかになっていったのです。

当時、火災はわずか14分で鎮火されており、乳児といえども骨まで燃え尽きることはありえない。

小さく固まったカーペットの残骸を消防士が“遺体”と勘違いし、運び出す様子がカメラに捉えられたものだった。

そして、ルースが自分の娘だと確信しているアリーヤの母親はなんと、元夫ペドロのいとこ、キャロリン・コレアだったのです。

ルースは娘デリマールを取り戻そうと必死でした。

そしてとうとう、いとこのキャロリンのもとへ捜査の手は伸びます。

アリーヤの口内の粘膜を採取したときに、キャロリンが妨害工作をするのです。

採取の直前、捜査員の目の届かないところで、アリーヤの口に薄めた漂白剤をスプレーしたのです。

結局、アリーヤがこの事実を捜査員に話したため、翌日に再びDNAの採取が行われるというキャロリンの最後の悪あがきをするのです。

結果、このDNA型鑑定では、キャロリンアリーヤには親子関係がないことが証明され、

「キャロリンが少女を誘拐した」

と断定されました。

キャロリンは、ルースの家からおよそ30km離れたニュージャージー州で暮らしていました。

デルマールを誘拐する前から、周囲には「妊娠した」と話していたと言います。

のちの捜査で、

実はキャロリンは前日に家を訪問しており、火事の当日は「財布を2階に忘れた」と言って、再度訪問していたのです。

そして、ヒーターの前にスプレー缶を置き、高熱によって破裂、引火する「時限式発火装置」の機能を果たすように置いたようです。

火事は、キャロリンが帰って10分~15分以内に起きました。

デリマールのいた部屋が火が激しく全焼していたのは、誘拐した後の足跡を消すためだったと思われます。

爆発音と火災、その混乱に乗じて、ベビーベッドに寝ているデリマールキャロリンは何らかの方法で連れ去ったのです。

キャロリンの子供の死産の直後、自分の娘にするためにデリマールを誘拐したことを認めました。

その後、キャロリン「自宅で出産した」とする出生証明書を偽造し、誘拐したデリマールアリーヤと名付け、周囲に気づかれることなく、近所でも評判のよき母を演じ続けていたそうです。

スポンサーリンク

生まれて10日後に火事で焼死した娘デリマール6年後発見!母親執念の捜索、実は誘拐だった⁈犯人は?  まとめ

                   引用www.sbs.com.au

「あの少女はデリマールです。あなたは正しかった」

警察から、ルースアリーヤの鑑定結果が告げられました。

ルースは、震えながら「ありがとう、ありがとう」と叫び続けたそうです。

誘拐犯のキャロリン・コレアは、

誘拐、放火、暴行、子供の親権の妨害などの罪で起訴され、その後、有罪判決で30年の懲役刑を宣告されました。

約6年間、誰からも信じてもらえず、自分を信じ、闘い続けてきたルース

最初の面会で、ルース「私が誰だかわかる?」と聞き、

デリマールは、「私のお母さん」と答え、キス・ハグして、膝の上に座ったそうです。

その後、彼女の娘の出生証明書を作成しました。

そして、今までの名前からデリマールへと改名し、ルースと一緒に暮らしています。

スポンサーリンク
kanrenkontentsu



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする