◎うんちはとても身近な存在

おむつを替え→トイレトレーニング→パンツトレーニングと、赤ちゃんから3・4歳になるまでパパママは「うんち」という言葉を子どもに対して言う機会がたくさんあり、子どもたちにとってうんちはとても身近な存在になります。

子供がうんちに興味を持ち始める3歳ごろはちょうどトイレトレーニングの時期と重なります。
ママやパパや先生から頻繁に「オシッコ」「うんち」というワードを聞くので、子供たちはとても身近に感じるのです。

◎周囲のリアクションがおもしろい

子供は大人の気を引きたいもの。自分の発言で周りの大人が派手にリアクションしてくれると単純に楽しくて仕方ないようです。子どもたちは「うんち!」と言葉にするだけで、大人たちから注目をたくさん得られる! 「うんこ!」と叫んだらみんなが笑ったという『成功体験』として心に刻まれ、何度でも繰り返すんですね。